DesignTips > 写真加工 > Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法

Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法

Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法

Photoshopで古さを感じるレトロ風な写真に仕上げる方法をご紹介します。

まずはStep01の写真を見て下さい。こちらが加工前の写真になります。だいぶ違いますね。加工後の写真は全体的に黄色がかっていて古ぼけた印象を受けます。

Photoshopではちょっとした加工でこうした印象の異なる写真を作ることができます。

Step01 Photoshopで写真を開きます。

Photoshopレトロ風写真制作開始

Photoshopで写真を開きます。お手持ちの適当な写真をお選び下さい。

Step02 ぼかしを適用

写真にぼかしを適用

まず、レトロ感を演出するために写真全体を少しぼかします。

[フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)]を選択し、ダイアログボックスを表示させます。[半径]を上図のように設定します。

(数値は写真によって異なりますのでお手持ちの写真に合った数値を入力して下さい。)

参考記事:Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

Step03 ノイズを加える

レトロ感を出すた写真にノイズを加える

さらにレトロ感を出すために写真にかすかなノイズを加えます。

[フィルター→ノイズ→ノイズを加える]を選択し、ダイアログボックスを開きます。[均等に分布]にチェックを入れ、[量]を上図のように設定します。

少し印象が変わりましたね。

Step04 彩度を下げる

さらにレトロにするため写真の彩度を下げる

続いて、色調補正で写真をモノクロに近づけます。

[ウィンドウ→色調補正→色相・彩度]を選択し、彩度を上図のように設定します。

彩度を下げたことで写真がモノクロに近づきました。

Step05 トーンカーブでコントラストを上げる

トーンカーブで写真のコントラストを上げる

続いて、トーンカーブを使ってコントラストを上げます。

[ウィンドウ→色調補正→トーンカーブ]を選択し、ダイアログボックスを表示させます。

上図のようにスライダーの▲(黒三角)と△(白三角)を近づけます。すると写真全体のコントラストが上がりました。

参考記事:トーンカーブで写真を手軽に補正する方法(Photoshop)

Step06 カラーバランスで色味を調整しレトロ感を出す

カラーバランスで写真の色味を調整しレトロ感を出す

最後にカラーバランスで色味を調整します。

[ウィンドウ→色調補正→カラーバランス]を選択し、ダイアログボックスを表示させます。

上図を参考にスライダーを動かします。例ではイエローを多めに設定し、全体的に黄色がかった写真に仕上げました。

出来上がり!

Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法(完成)

普通の写真が古いレトロな感じの写真に生まれ変わりました。

今回のポイントは色調補正です。色調補正の様々な項目をいじることで画像の印象を大きく変えることができます。

まずは色々といじってみて下さい。カラーバランスやトーンカーブをいじるだけでも写真の印象は大きく変わります。ぜひお試しを。

関連記事:Photoshopで写真をレトロに加工する方法

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)
Photoshopで写真をレトロに加工する方法
Photoshopでシンプルな写真を絹目調に加工する方法
感光したような写真に加工する方法(Photoshop)
折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)
スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)
写真をトイカメラ風に加工する方法(Photoshop)
草木の素材を円形に変形してフレームを作る方法(Photoshop CS6)
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ