DesignTips > 背景・パターン > スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

Photoshopでスピード感のある背景イメージの作り方をご紹介します。

いわゆる抽象背景、アブストラクトアートと言われるものですね。今回は光が高速で放射線状に広がるような感じをPhotoshopで表現してみました。

こうした表現はPhotoshopの得意技ですね。いくつかのフィルターを重ねて表現します。

Step01 雲模様1を適用

雲模様1を適用

描画色・背景色が初期状態になっているのを確認し、[フィルター→描画→雲模様1]を適用します。

Step02 メゾティントを適用

メゾティントを適用

続いて、[フィルター→ピクセレート→メゾティント]をクリック。ダイアログボックスで[標準ドット]を適用させます。

ちなみにメゾティントとは画像にランダムなドットやラインを形成するフィルターです。

Step03 ぼかし(放射線状)を適用

ぼかし(放射線状)を適用

次に[フィルター→ぼかし→ぼかし(放射線状)]を適用します。

[ぼかし(放射線状)]ダイアログが開きますので、上図のように設定します。

Step04 ぼかし(放射線状)を繰り返し適用

ぼかし(放射線状)を繰り返し適用

放射線状の背景ができました!

ラインが荒いのでより滑らかにします。[Ctrl+f]を2回クリックし、ぼかし(放射線状)を繰り返し2回適用させます。

Step05 シャープ(強)を適用

シャープ(強)を適用

ぼかし(放射線状)を繰り返し適用したことで滑らかなラインになりました。

さらに、ラインの輪郭を強調するために、[フィルター→シャープ→シャープ(強)]を適用させます。

Step06 カラーを適用

カラーを適用

続いて、白黒の放射線状にカラーを適用させます。

[レイヤー→新規塗りつぶしレイヤー→べた塗り]をクリックして、べた塗りする色を選択します。例では#00a0e0(明るめのブルー)を適用させました。

Step07 描画モードをソフトライトに

描画モードをソフトライトに

レイヤーパネル(ウィンドウ→レイヤー)を開き、[べた塗り1]レイヤーの描画モードを[ソフトライト]に変更します。(参考記事:Photoshopのレイヤーの基本を説明

べた塗りした青が白黒の放射線と馴染みました。

Step08 明るさとコントラストを調整

明るさとコントラストを調整

最後に、トーンカーブ(ウィンドウ→色調補正→トーンカーブ)を用いて、明るさとコントラストを調整します。

明るさとコントラストを上げることで光の表現がクリアになり、スピード感がより増しましたね。

関連記事:トーンカーブで写真を手軽に補正する方法

出来上がり!

Photoshopでスピード感のある背景イメージの作る方法

出来上がりです。

光が放射線状に飛び出してくるようなスピード感のある背景イメージが完成しました。こうした表現はやはりPhotoshopの得意分野ですね。

フィルターを重ねて適用することで思わぬ表現が可能になります。色々とお試しください。

関連記事:Photoshopで光のラインを作る方法

この投稿文は次の言語で読めます: 英語

Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ
写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)
ザラついた質感の背景の作り方(Photoshop)
水が噴き出してるような背景の作り方(Photoshop)
クラフト紙の背景テクスチャとヴィンテージ風デザイン
Photoshopで写真をレトロに加工する方法
ピンク系のスイートな雰囲気を作り出す写真の加工方法(Photoshop)
光沢感のある華麗なガラス背景の作り方(Photoshop)
Photoshopで星雲と細かい星の作り方