DesignTips > イラスト デザインパーツ > ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

今回はペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラストをご紹介します。

ペンツールを使って描いたような雪の結晶にみえますが、実は既存のブラシ(最初から入っている)を使って作ったイラストです。なので直線を描けばあっという間にできてしまいます。

既存のブラシを組み合わせることで様々な模様の雪の結晶を作ることができますので、ペンツールが苦手な方でも簡単で素敵なデザインに仕上げることができます。

Step01 波型ブラシを適用

波型ブラシを適用

<直線ツール>でタテに直線を描き、<装飾ブラシパレット>から「波型」を選択します。

「波型」が適用されたら、[オブジェクト→パス→パスのアウトライン]でアウトライン化をします。

Step02 波型のオブジェクトの修正

波型のオブジェクトの修正

「波型」の縦のラインは直線ではないので修正します。

<長方形ツール>で長方形を描き、上図のように「波型」のオブジェクトの左端のガタガタした部分に重ねたら、[すべてを選択→パスファインダー→前面オブジェクトで型抜き]で余分な部分を消します。

これで直線になりました。

Step03 オブジェクトの反転

オブジェクトの反転

「波型」のオブジェクトを選択したまま<リフレクトツール>をクリックし、「波型の」オブジェクトの一番下のアンカーポイントを(Alt+クリック)、上図の設定をします。

これで反転されたオブジェクトが反対側にコピペされました。

Step04 オブジェクトの合体

オブジェクトの合体

[すべてを選択→パスファインダー→合体]で2つのオブジェクトを一つにまとめます。

これで、模様の上の部分の完成です

Step05 チューリップブラシを適用

チューリップブラシを適用

下の部分を作ります。

Step01と同じ流れで今度は「チューリップ」を適用させます。

Step06 オブジェクトの合体

オブジェクトの合体

「チューリップ」を180°回転させたら上図のように配置し、縦の中心を合わせ[全てを選択→パスファインダー合体]でオブジェクトをひとつにまとめます。

これで、雪の結晶の模様の元になるオブジェクトが完成しました。

Step07 パスを回転コピーさせる

パスを回転コピーさせる

このオブジェクトを5つコピーするため[効果→パスの変形→変形]で上図の設定をします。

Step08 変形効果の状態

変形効果の状態

オブジェクトが5つコピペされ、雪の結晶らしくなりました。これを[オブジェクト→アピアランスを分割]をします。

Step09 六角形を配置

六角形を配置

中心に<多角形ツール>で六角形を描き中心に配置します。

この六角形は好みなので、シンプルにしたい場合は足さなくてもいいですよ。

完成

雪の結晶完成

雪の結晶の完成です。

ペンツールが苦手な方でもブラシの組み合わせで素敵なデザインができますね。

アレンジ

ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

ペンツールで描き足さなくても 、ブラシを適用させたオブジェクトに丸を足したり、型抜きをすれば、また違った模様もできます。

多少のアンカーポイントを移動するだけでまた違ったデザインになるので、ぺンツールの苦手な方でも少し試してみるといいですよ。

この投稿文は次の言語で読めます: 英語

メタリックな星のイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーターで柊(ひいらぎ)のイラストを描く方法
イラストレーターで作るクリスマスオーナメントのイラスト
イラストレーター 松のイラストの描き方
イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜2
桜の花びらと桜吹雪のイラストの作り方
傘のイラストの作り方(イラストレーター)
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
クールなドッグタグのイラストの作り方(イラストレーター)