DesignTips > 写真加工 > 写真をトイカメラ風に加工する方法(Photoshop)

写真をトイカメラ風に加工する方法(Photoshop)

写真をトイカメラ風に加工する方法(Photoshop)

Photoshopで写真をトイカメラで撮ったような加工をします。

トイカメラで撮ったような加工の仕方は色々とありますが、今回は全体にピンクがかった柔らかい印象に仕上げます。

トイカメラの表現は小物の写真に一工夫加えたい時に重宝しますし、ちょっと失敗した画像にも使えますね。

Step01 トイカメラ風に加工する画像の用意

トイカメラ風に加工するための素材を用意

トイカメラ風に加工する画像を用意します。

画像のレイヤーをコピーし、順番を一番上にします。コピーしたレイヤーは非表示にして下さい。(参考:Photoshopのレイヤーの基本を説明

※今回はpixtaで購入した写真を使います。(上記写真はpixtaで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

Step02 ぼかしフィルターで画像全体をぼかす

画像をぼかしてトイカメラらしく

トイカメラ風に加工するため、まずは画像全体をぼかします。

[フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)]で上図の設定をします。トイカメラ風に全体のピントを甘くしたような感じにします。

参考記事:Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

ぼかし(ガウス)フィルターを適用した状態

ぼかし(ガウス)フィルターを適用した状態

画像全体がぼかされました。トイカメラのピントがずれたような表現が演出できましたね。

Step03 コピーレイヤーにハイパスフィルターを使う

Step03 コピーレイヤーにハイパスフィルターを使う

コピーした画像レイヤーを表示させます。[フィルター→その他→ハイパス]で上図の設定。

画像全体の輪郭を出します。

ハイパスフィルターを使った状態

ハイパスフィルターを使った状態

全体にグレーがかってますが、画像の輪郭がくっきり出てます。

Step04 描画モードの変更

描画モードの変更

ハイパスを適用したレイヤーを[描画モード:オーバーレイ]に変更します。

2つのレイヤーを重ね、ぼかした部分とはっきりした輪郭がうまく現れました。少しづつトイカメラらしい表現になってきましたね。

Step05 トーンカーブで画像の色調をトイカメラ風に

トーンカーブで画像の色調をトイカメラ風に加工

トイカメラらしくするため、画像全体の色を調整します。

[新規調整レイヤー→トーンカーブ]を追加。上図のような設定で、全体に青ピンクがかった画像に調整します。

※画像によって調整が変わってくるので、画像を見ながら少しずつ調整してください。

関連記事:トーンカーブで写真を手軽に補正する方法(Photoshop)

トーンカーブで調整後

トーンカーブで調整後

画像全体が青ピンクがかって淡い色になりました。これでぐっとトイカメラらしくなってきましたね。

Step06 シャドウでトイカメラ風の枠を作る

シャドウでトイカメラ風の枠を作る

画像の周りに、影のような枠を作り、トイカメラ風に加工します。

ぼかした画像にレイヤースタイルのシャドウ(内側)を設定。画像を見ながら大きさと色の濃淡を調整します。

トイカメラ風の写真 完成

写真をトイカメラで撮ったような加工の仕方完成

写真をトイカメラ風に加工することができました。

Photoshopで少し手間を加えるだけで簡単にトイカメラ風の表現をすることがでました。小物の写真だけでなく、風景や人物の写真もチャレンジしてみて下さい。

各数値の設定は画像によって変わってきますので、画像を見ながら好みのトイカメラ風の表現にしてみて下さい。

関連記事:写真を幻想的な雰囲気に加工する方法(Photoshop)

わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)
写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)
かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
黒板のイラストの作り方(Photoshop)
ピンク系のスイートな雰囲気を作り出す写真の加工方法(Photoshop)
写真を幻想的な雰囲気に加工する方法(Photoshop)
ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)
Photoshopで写真をレトロに加工する方法
写真をミニチュア風に加工する方法(Photoshop CS6)