DesignTips > イラスト デザインパーツ > 吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)

吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)

吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)

イラストレーターで吹き出しイラストを作成する方法をご紹介します。

吹き出しのイラストはベクター画像でよく使われる手法の一つですね。

吹き出しには色々な種類がありますが、今回はシンプルな丸型、雲型、四角型をご紹介します。

イラストレーターで吹き出しを作る方法は非常に簡単で、丸型の吹き出しをマスターすれば他は簡単に作れます。それではまず、基本の丸型吹き出しのイラストの作り方から見ていきましょう。

Step01 丸型の吹き出しイラストを作る

丸型の吹き出しイラストを作る

まずは丸型の吹き出しから作っていきます。

イラストレーターを開き、楕円形ツールで適当な大きさの楕円を描きます。

Step02 吹き出し部分を作ります。

吹き出し部分を作る

続いて吹き出し部分を作ります。

多角形ツールを選択し、三角形を描きます。

描いた三角形を選択ツールで選択し上図の部分を右にドラッグします。

縦長の三角形が出来ました。これが吹き出し部分になります。あとは回転させ、楕円に合体させて吹き出しの完成です。

Step03 三角形を回転させる

三角形を回転させる

Step2で作成した三角形を回転ツールを使って回転させます。

選択ツールで三角形を選択し、回転ツールを選択。ドラッグしながらマウスを動かすと三角形が回転します。上図右の位置まで回転させて下さい。

Step04 パスを合体させ吹き出しの形状に

パスを合体させ吹き出しイラストの形状に

Step01で作った楕円とStep03で作った三角形を合体させて吹き出しのイラストを完成させます。

Step03で作った三角形を上図の上ように楕円形に合わせます。選択ツールで楕円を三角形を選択して、[パスファインダー→合体]をクリックします。

すると、楕円と三角形のパスが合体し、吹き出しのパスになりました。

これで丸型の吹き出しは完成です。

丸型の吹き出しイラスト完成!

丸型の吹き出しイラスト

シンプルな丸型の吹き出しができました。

雲型吹き出しイラストの作り方

雲型の吹き出しイラスト

続いては雲形吹き出しの作り方です。

雲形吹き出しは丸型吹き出しを少し応用させるだけで簡単にできます。上で作成した丸型吹き出しに複数の楕円を上図のよう作成します。

選択ツールですべて選択し、パスファインダー合体をクリックします。

パスが合体し、雲みたいな吹き出しのイラストが完成しました。

四角型吹き出しの作り方

四角型吹き出しの作り方

続いて四角型吹き出しイラストの作り方です。

こちらも丸型吹き出しと作り方は同様です。角丸長方形ツールで角丸長方形を作成します。

丸型吹き出しと同様、三角形ツールで三角形を作成し、上図左のようにします。

あとは長方形と三角形を合体させて完成です。

出来上がり!

イラストレーターで吹き出しイラストを作成する方法

とてもシンプルな吹き出しのイラストですが、見出しやアイコン、バナー画像など色々と応用できそうです。

また、吹き出しの色や形を変えることでアレンジもできそうですね。イラストレーターで簡単に作れますのでぜひお試しください。

こちらもチェック!:POPな吹き出しイラストの作り方(イラストレーター)イラストレーターで吹き出しイラストを作成する方法

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
マウスで描く!黒板に書いたような手書き風文字の作り方(イラストレーター)
人物シルエット(イラスト)を簡単に作成するTips
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)
図形を組み合わせでフレームを簡単に作る方法(イラストレーター)
ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
縁取りの文字の隙間を埋める方法(イラストレーター)
クールなドッグタグのイラストの作り方(イラストレーター)