DesignTips > デザインパーツ 発想の逆転 > 曲線の矢印の描き方(発想の逆転編)

曲線の矢印の描き方(発想の逆転編)

曲線の矢印の描き方(発想の逆転編)

曲線の矢印の描き方をご紹介します。

さて突然ですが、上図のような曲線の矢印を皆さんはどのように描きますか?

今回は非常に簡単に、かつ美しい曲線の矢印を描く技をご紹介します。使用ソフトはイラストレーターです。目から鱗ですよ。

Step01 ペンツールで曲線を描く

ペンツールで曲線を描く

イラストレーターを開き、ペンツールで曲線を描きます。

これが矢印のベースとなります。

Step02 線幅ツールで線幅を広げる

線幅ツールで線幅を広げる

線幅ツールを選択し、上図のようにポイントし線幅を広げます。

Step03 線幅を細める

線幅を細める

画面を拡大し、Step02で打ったポイントのすぐ下にポイントを打ち線幅を狭めます。

一気に矢印っぽくなりましたね。あとは最後の仕上げです。

Step04

ポイントを重ねる

最後にStep03で選択したポイントをStep02のポイントに重ねます。

出来上がり!

曲線の矢印の描き方(完成)

以上で完成です。いかがでしたか?とっても簡単に曲線の矢印を描くことができました!

曲線の矢印って意外と使う機会が多いものですね。こうした小技を覚えておくと簡単に作ることができます。ぜひあなたの技の引き出しに入れておいて下さい。

なお普通の直線の矢印を描く方法は矢印のイラストの作り方(イラストレーター)を参考にしてみて下さい。イラストレーターの便利な機能を使って簡単に矢印を描くことができます。

角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
イラレで吹き出しイラストを作成する方法
吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)
放射線状をイラストレーターで表現する方法
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
人物シルエット(イラスト)を簡単に作成するTips
イラストレーターで破線・点線の作り方
ペンツールを使わずに作るシンプルなハートの作り方1(Illustrator)