DesignTips > Photoshop使い方講座 写真加工 > Photoshopのトリミングを詳しく解説

Photoshopのトリミングを詳しく解説

Photoshopのトリミングを詳しく解説

Photoshopのトリミングとは「画像を一定の範囲を指定して切り抜くこと」を言います。一口にトリミングといっても色々な方法があります。目的に応じたトリミングの方法をまとめましたのでご覧ください。

1. Photoshopの切り抜きツールでトリミング(基本)

Photoshopでトリミングをする際に一番簡単な方法が[切り抜きツール]を使ったトリミングです。[切り抜きツール]でのトリミングは直感的にイメージを切り取ることができます。

Step01 切り抜きツールを選択し、画面をドラッグする

Photoshopで切り抜きツールを選択し、画面をドラッグする

Photoshopで写真を開き、ツールパネルから[切り抜きツール]を選択し、画面を適当にドラッグします。

Step02 トリミングする範囲を決める

Photoshopでトリミングする範囲を決める

ドラッグすると、上図のようにハイライト表示され8箇所の四角が現れます。この四角をドラッグすることでトリミングする範囲を自由に決めることができます。

最後にトリミングする範囲が決まったらダブルクリック(またはオプションバーの[○]をクリック)して確定です。

2. Photoshopで縦横のピクセルを指定してトリミングしたい

Photoshopで縦横のサイズを数値で指定してトリミングしたい場合はオプションバーを利用します。

Photoshopで縦横のピクセルを指定してトリミング

Photoshopで写真を開き、[切り抜きツール]を選択し、上図のようにオプションバーに幅と高さを入力します。今回は800×500ピクセルで指定してみました。

 

比率が固定されたままドラッグされる

画面をドラッグすると800×500ピクセルの比率が固定されたままドラッグされます。トリミングする範囲が決まったらダブルクリック(またはオプションバーの[○]をクリック)して確定します。

3. 元画像の比率を固定したままトリミングしたい

Photoshopで元画像の比率を固定したままトリミングする方法です。

Step01 イメージ→画像解像度

Photoshop イメージ→画像解像度

Photoshopで画像を開き、[イメージ→画像解像度]をクリックします。

画像解像度ダイアログが開きますので、[縦横比を固定]にチェックを入れます。

Step02 幅、高さに数値を入力

幅、高さに数値を入力

幅または高さに数値を入力します。

縦横比が固定されているので、一方を入力するともう一方の値が自動で決まります。値が決まったらOKをクリックします。

出来上がり!

Photoshopで元画像の比率を固定したままトリミング

元画像の縦横比が固定されたままトリミングされました。(トリミング後の画像の大きさは[イメージ→画像解像度]で確認できます。)

また、この方法は縮小だけでなく拡大も可能です。ただし、拡大する際は画像が劣化するのでご注意下さい。

4. 余白を自動的にトリミングしたい

下図のように周りに余白がある場合にPhotoshopで自動的にトリミングをする方法をご紹介します。

Step01 イメージ→トリミング

Photoshop イメージ→トリミング

[トリミング]ダイアログが開きますので、左上のピクセルカラー及び上端、下端、左端、右端にチェックを入れてOKをクリックします。

出来上がり!

Photoshopで余白を自動的にトリミングしたい

周りの余白が自動的にトリミングされました!

周りに余白がある画像や写真のトリミングには便利な機能ですね。

以上、Photoshopのトリミングについて解説してみました。なお、切り抜きツールを使ったトリミングについては写真を切り抜く方法1(Photoshop CS5)に詳しく解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)
写真を切り抜く方法 1(Photoshop CS5)
Photoshopでセピア調の写真を作る方法
Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法
30秒で写真をセピアカラーにする方法2 (Photoshop CS5)
30秒で写真をセピアカラーにする方法3 (Photoshop CS5)
トーンカーブで写真を手軽に補正する方法(Photoshop)
Photoshopのアクションで作業を効率化
Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし