DesignTips > 初級

色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop)

Photoshopで色かぶりを補正して料理の写真をおいしく見せる方法です。 室内で料理の写真を撮ると、写真全体が青白かったり、オレンジ色で覆われてしまう事がありますね。今回はそんな色かぶりをした写真を、レンズフィルターを使って補正します。 調整レイヤーを使うので、画像が劣化しないので納得いくまでやり直すことができます。 [ads33601] 色かぶりについて 色かぶりとは、写真を撮る時にカメラのホワイトバランスの設定が照明に合っていない時に起こり

(初級 関連記事)

1pxの手書き風ラインの作り方(Photoshop)

Photoshopで1pxのかすれた手書き風のラインを作ります。 今回は手描き風らしくするため、ノイズフィルターを使ってラインがかすれたように見せます。 ノイズフィルターを適用した後にちょっとしたひと手間で色々な背景に使えるようにします。その他にラインの色の変え方の説明もあります。使い勝手のいい素材なのでぜひ参考にして下さい。 [ads33601] Step01 高さ1pxの選択範囲を作成し塗りつぶす 高さ1pxの選択範囲を作成します。(

(初級 関連記事)

角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)

イラストレーターで立方体の角を丸くする作り方です。 今回は立方体の応用編です。立方体の角に丸みをつけて、積み木やサイコロのような形にします。角に丸みがあると色の付け具合で、とてもかわいい素材になります。 立方体の作り方は以前紹介した、立方体、直方体の作り方(イラストレーター)を参考にします。作り方は簡単ですが、まだ、立方体の作り方をチャレンジしてない方は、まず立方体を作くってみてください。 [ads33601] Step01 六角形を3つ作る

(初級 関連記事)

イラストレーターで破線・点線の作り方

イラストレーターで破線・点線の作り方を説明します。 線パネルで破線・点線を作れることは知っていたけど、たぶんこの数値だったら。となんとなくで作っている方や、丸で作る点線の設定が苦手という方はぜひ参考にしてみて下さい。 今まで時間をかけてた破線・点線を作る作業が効率よくできますよ。 目次 1. 破線の作り方 2. 点線の作り方 3. 図形の枠を破線・点線で作った時に角を揃える方法(CS5から新機能) [ads33601] 1. 破線の作

(初級 関連記事)

Photoshopで点線・破線を作る方法

Photoshopで点線と破線の作り方を紹介します。 Photoshopの元のブラシの設定を変えるだけで作ることができるので、とても簡単です。イラストレーターでも点線・破線を作ることができますが、わざわざイラレを使うほどじゃなかったり、イラレを持っていない方には役立つと思います。 [ads33601] [点線の作り方] Step01 ブラシパレットを表示する まずはPhotoshopで点線の作り方からご紹介します。 [ブラシツール]を選択

(初級 関連記事)

Photoshopで写真を線画にする方法

Photoshopで写真を線画にする方法をご紹介します。 今回のTipsはとっても簡単です。Photoshopで写真から上のような線画をとっても簡単に作成する方法をご紹介します。お遊び感覚でやってみて下さい。あっという間に線画ができちゃいますよ。 [ads33601] Step01 線画にする写真を用意する まずは線画にしたい写真を用意し、Photoshopで開きます。 写真はどんなものでも結構ですが、輪郭がはっきりしたものの方がうまく線

(初級 関連記事)

図形を組み合わせでフレームを簡単に作る方法(イラストレーター)

「図形ツール」を使って簡単に作るフレームの作り方です。 3種類のシンプルなフレームをご紹介します。とても簡単ですし、図形を組み合わせるだけなので、コツをつかめば様々な形のフレームを作ることができます。 [ads33601] [フレームA] Step01 楕円と長方形を配置する 「楕円ツール」で楕円、「角丸長方形」で長方形を作り、2つを上図のように配置します。 [全てを選択→パスファインダー→合体]をします。これでフレームの輪郭が完成しまし

(初級 関連記事)

初級に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な初級に関する記事をお探し下さい。