DesignTips > 中級

イラストを布のシワに合わせて変形する方法(Photoshop)

Photoshopでイラストを布のシワに合わせて変形します。 イラストに布のシワや質感などを合成するには、簡単な方法として[描画モード:乗算]があります。ただこれでは、イラストに布のシワ模様が入っただけになりますね。 今回はイラストを布のシワに合わせて変形し、よりリアルな合成方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 2つの素材のサイズを同じにする 今回は布のシワに合わせて国旗のイラストを変形します。 イラストと布の素

(中級 関連記事)

イラストレーターで柊(ひいらぎ)のイラストを描く方法

イラストレーターで作る柊のイラストのご紹介です。 クリスマスの素材に使える柊のイラストを描きます。ちょっと難しく感じる柊の葉のトゲトゲは、パンク効果で簡単に作る事ができます。あとは少しだけ、形を整えたりグラデーションを設定すれば、短時間できれいな柊のイラストが出来上がります。 [ads33601] Step01 アンカーポイントを追加した楕円を葉の形にする 「楕円ツール」で縦長の楕円を作り[オブジェクト→パス→アンカーポイントの追加]でアンカー

(中級 関連記事)

イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームの作り方

イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームを作ります。 イラストレーターではPhotoshopのように実際に画像を切り抜くことができません。なので今回は、以前ご紹介した「複合パス」・「クリッピングマスク」を使って、一枚の写真をたくさんの丸で切り抜いたようにみせます。 この2つの言葉を聞くと難しそうに思えてしまいますが、驚くほど簡単に作る事ができます。 [ads33601] Step01 イラストレーターで写真を開く イ

(中級 関連記事)

Photoshopでジュエリーをより魅力的に見せる写真加工

Photoshopでジュエリーをより魅力的に見えるように写真を加工します。 ジュエリーを撮影すると、ピンボケをしているわけではないのに、実物より物足りなさを感じることがあります。 全体に明るくなりすぎたり、キラキラして輝いている部分が反射してしまい、見づらくなることがあります。しかも写真は実物よりも平らに見えるので立体感が薄れます。 そこで今回は、陰影を強くしてジュエリーの金属やダイヤモンドにメリハリをつけ、より魅力的なジュエリー写真に加工します。

(中級 関連記事)

Photoshopで写真の一部の色を違和感なく変更する方法

Photoshopで部分的に写真の一部の色を違和感なく変更します。 今回は素材のほんの一部分の色だけを変更します。素材を色違いで使いたい時にとても便利な加工です。「新規調整レイヤー」を使用して部分的に色を変更するので、イメージ通りの色になるまで調整を繰り返えしておこる、画像の劣化もありません。 カラーバリエーション豊富な素材を作る事ができるので、ぜひ参考にして下さい。 [ads33601] 一部の色だけを変更をするメリット 上図のように一

(中級 関連記事)

クールなドッグタグのイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーター ドッグタグのイラストの作り方 イラストレーターでドッグタグのイラストを作ります。 Photoshopのスタイルを使わずに、イラストレーターのグラデーションで、メタルの質感とメタルプレートに文字が打ち込まれたような立体感を表現します。 その他に、ドッグタグに必須なボールチェーンの作り方もご紹介しています。 [ads33601] Step01 長方形を作成し角を丸くする 長方形ツールで[175px×140px]の長方形を作

(中級 関連記事)

Photoshopの自動処理で複数の写真をパノラマ写真に仕上げる方法

Photoshopの自動処理を使ってパノラマ写真を作成します。 今回は連続撮影した複数の写真を合成してパノラマ写真を作ります。ひたすら地味に写真を重ねる面倒な作業はなく、自動で複数の写真を並べてパノラマ写真を作ります。 パノラマ写真を作るには、いくつかポイントがありますが、いちばんのポイントは使用する写真が、15~40%ほど重なった物を使用すると一番きれいにパノラマ写真を作る事ができます。 パノラマ写真を作成した後は、写真の補正やトリミングもしていま

(中級 関連記事)

中級に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な中級に関する記事をお探し下さい。