DesignTips > 中級

夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターで花火のイラストを作ります。 花火といえば夏の風物詩ですね。今回はパッと夜空に咲く、お花のような形の打ち上げ花火です。 オリジナルの花火のブラシを作り、ブラシを重ねて花火のイラストを作ります。背景の細かな花火は、正円を散らして配置するだけなので、とても簡単に作る事ができます。 [ads33601] Step01 正円をしずく型に変形する [5px]の正円を作り、下のアンカーポイントを尖らせたます。これをコピーして、2つ作り

(中級 関連記事)

イラストレーターでオリジナルのグランジ模様の作り方

イラストレーターでオリジナルのグランジ模様を作ります。 グランジやかすれは、幅広いところで活用されていて、アンティーク風・スタンプ風・汚れなどを表現したりと、色々な場面で使用されます。 イラストレーターでこのグランジのかすれを作る場合、イラストレーターに収録されているブラシを使うことが多いいですが、今回はこのグランジのかすれ模様を、ブラシを使わずオリジナルで作る方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 正方形を作成する 長

(中級 関連記事)

わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)

ピントの甘い写真をくっきりと締りのある写真に仕上げます。 Photoshopで写真をくっきりシャープにする時、アンシャープマスクや、スマートシャープなどを使いますが、もっと簡単に補正できる機能があります。 補正する画像にもよりますが、もう少し写真全体にはっきりとシャープな感じを出したい時「ハイパスフィルター」を使うと、とても簡単に補正することができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く ピンボケしている

(中級 関連記事)

Photoshopで建物の写真の歪みを補正して正面から見たような写真にする方法

Photoshopで建物の写真の歪みを補正します。 建物を撮影すると、見上げたような写真になることがあります。特に大きい建物の全体を写そうとすると、ローアングルでカメラを上に向けた状態にするので、見上げたような写真になってしまいます。見上げた状態になると、建物は上になるほどすぼまった形や、中心から外側に広がった樽型のように撮れてしまいます。 今回は、この建物の歪みを補正して、真っ直ぐ正面から見たような写真に仕上げます。 [ads33601] Ste

(中級 関連記事)

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)

Photoshopでかわいいプクプクシールを作ります。 今回はレイヤースタイルを上手に組み合わせて、プクプクした立体感あるシールを作ります。イラストレーターで作成したオリジナルのイラストや、お気に入りのフォントもプクプクシールにできます。レイヤースタイルに登録すれば、いつでも使うことができます。 [ads33601] Step01 イラストを用意する 背景が透明なイラストを用意します。背景がある場合は切り抜きをして下さい。 こちらの素材は

(中級 関連記事)

ピンク系のスイートな雰囲気を作り出す写真の加工方法(Photoshop)

ピンク系のスイートな雰囲気の写真加工です。 構図が良い写真なのに、なにか物足りなかったり、少しイメージが違う事がありますね。そんな時ちょっとした加工をするだけで同じ写真でもかなり変わってきます。 今回は全体にピンクがかった淡い雰囲気の写真加工をして、かわいく仕上げます。 [ads33601] Step01 加工前の写真 今回はこの写真を、全体にピンクがかったスイートなイメージに仕上げます。 今回はshutterstockで購入した写

(中級 関連記事)

中級に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な中級に関する記事をお探し下さい。