DesignTips > 中級

イラストレーターでタータンチェックのパターンの作り方

イラストレーターでタータンチェックのパターンを作ります。 タータンチェックのパターンはチェック柄と違い、斜めのラインを入れるので作るのが難しいですね。 タータンチェックのパターンの作り方は色々ありますが、今回は斜めに変形したオブジェクトを並べて作る方法です。初めは難しいですが、コツをつかむと模様の太さや位置を変えて、たくさんの種類を作る事ができます。 [ads33601] Step01 新規ドキュメントを作成する 新規ドキュメント「400

(中級 関連記事)

イラストレーターで両端がカットされたリボンのブラシの作り方

イラストレーターで両端が三角にカットされたリボンのブラシの作り方をご紹介します。 両端が三角にカットされたリボンのブラシを作ります。ブラシの登録はドラッグすれば簡単にできますが、今回は両端の形が違うブラシを登録するので、少し登録の方法が違います。 そして、斜めのストライプ模様のリボンの作り方もご紹介していますので、ぜひ作ってみて下さい。 [ads33601] Step01 リボンの模様のパーツを作る 長方形ツールで上図を参考にしてパーツを

(中級 関連記事)

3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)

イラストレーターで3Dの球体にパターンとロゴを配置します。 3Dのマッピングという機能は、自分で作成したパターンやロゴを、立体的な3Dオブジェクトに配意することができます。 今回は3Dを使って球体を作ります。そこにチェック柄のパターンとロゴを球体の立体にそって配置します。シンボルにパターンやロゴを登録する方法も紹介していますので、せひチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 正方形でチェック柄を作る 正方形を作成し、

(中級 関連記事)

Photoshopでシワの入った革のテクスチャの作り方

Photoshopで革のテクスチャを作ります。 革のテクスチャはよく使われる素材です。デザインのちょっとしたアクセントにもなるので重宝します。 今回はシンプルな革のテクスチャと味わい深い色合いのシワが入ったテクスチャの2つを作る事ができます。シンプルな革のテクスチャは色々な革のテクスチャを作る時のベースにもなるので、ぜひ参考にしてみて下さい。 [ads33601] Step01 ざらついたテクスチャを作る 新規ファイルを作成し、背景レイヤ

(中級 関連記事)

Photoshopで星雲と細かい星の作り方

Photoshopで星雲と細かい星の作り方を紹介します。 今回は、背景やデジタルコラージュに使える星雲と大小ランダムに散らばった細かい星を作ります。 工程数が多いですが、ランダムに散った大きめの星と小さめの星。色鮮やかな星雲。光を放つ小さい惑星の4つを作るので、各パーツを色々な場面で使い分けることも出来ます。 ロゴの背景に使いメリハリをつけたり、幻想的な合成やコラージュに使ってみて下さい。 各設定は目安です。様子を見ながら調整して下さい。

(中級 関連記事)

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

Photoshopでテープライターで作るラベルテープ風のパーツの作り方をご紹介します。 かちゃかちゃ文字盤をまわして文字を打つ・アナログ感いっぱいのラベルライター。プラスチックテープに凸凹の文字を打刻し、エンボス加工するテープです。文字はぷっくりと盛り上がり、盛り上がった文字は白くなります。 今回は、この凸凹した文字をレイヤースタイルを使ってエンボス加工を上手に表現したり、パスを使ってちぎれたテープを作ります。webパーツとして使ったり、ちょっとした写真加

(中級 関連記事)

図形ツールで作るレースの作り方(イラストレーター)

図形ツールを使って作るレースのイラストの紹介をします。 レースのイラストと聞くと難しと思ってしまいます。ですが今回はペンツールを使わずに、図形ツールだけを使ってレースのイラストを作ります。 図形を回転コピーして作ります。模様を変えて、ほとんど同じ工程を繰り返すだけなので、作りやすいと思います。 ペンツールのような細かさはだしにくいですが、レースのイラストを作ったことがない方や、難しそうでチャレンジしてないという方には、とってもいい練習になると思います

(中級 関連記事)

中級に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な中級に関する記事をお探し下さい。