DesignTips > 中級

ガラスの小瓶に立体的な文字を合成する方法(Photoshop)

Photoshopで立体的な文字をガラスに合成します。 何も描かれていないガラスの小瓶に文字を追加する時、ただ画像を加えるだけではつまらないですよね。今回はワープを使って文字を小瓶の形に合わせ、尚且つ文字を立体的にして、リアルな感じを出します。 文字の形やガラスの色で印象が変わります。コツを掴むと色々なガラスの画像に合成する事ができます。 [ads33602] Step01 ガラスの小瓶の画像を用意する 文字を合成したい小瓶の画像を用意し

(中級 関連記事)

写真をトイカメラ風に加工する方法(Photoshop)

Photoshopで写真をトイカメラで撮ったような加工をします。 トイカメラで撮ったような加工の仕方は色々とありますが、今回は全体にピンクがかった柔らかい印象に仕上げます。 トイカメラの表現は小物の写真に一工夫加えたい時に重宝しますし、ちょっと失敗した画像にも使えますね。 [ads33601] Step01 トイカメラ風に加工する画像の用意 トイカメラ風に加工する画像を用意します。 画像のレイヤーをコピーし、順番を一番上にします。コ

(中級 関連記事)

Photoshopで光のラインを作る方法

Photoshopで光のラインを作りたいと思います。 基本的なシンプルな光のラインです。今回はPhotoshopで一本の線から緩やかなカーブをした光るラインの作り方をご紹介します。レイヤーを重ね2種類のスタイルを使うことで、発光の仕方を工夫しています。 ロゴ合わせたり、背景に使えそうですね。 [ads33601] Step01 レイヤーを黒く塗りつぶす Photoshopを開き、レイヤーを[#000000]で塗りつぶします。 Step0

(中級 関連記事)

1つのパターンからドットと斜線背景を作る方法(Photoshop)

Photoshopで1つのパターンからドットと斜線背景を作る方法をご紹介します。 webデザインをしていると背景をどうしようか迷う時がありますよね。無地ではつまらない。でもあまりパターンが主張しすぎるのは好ましくない。 そんな「背景にちょっとしたアクセントをつけたい」という方に最適なTipsです。さらにパターンを1つ作れば、比率を変えることでドットと斜線の印象の異なる背景を作ることができます。 [ads33601] Step01 Photoshop

(中級 関連記事)

水が噴き出してるような背景の作り方(Photoshop)

今回はPhotoshopで水が噴き出しているような背景の作り方をご紹介します。以前ご紹介したPhotoshop 水面のテクスチャと違い、お水が勢いよく大量に噴き出しているようですね。 4種類のフィルターを重ねるだけで表現できるのでとても簡単です。さっそくチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 雲模様1フィルター 新規ファイルを開き、上図のように[描画色:黒・背景色:白]に設定後、[フィルター→描画→雲模様1]を適用します

(中級 関連記事)

中級に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な中級に関する記事をお探し下さい。