DesignTips > 中級

スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

Photoshopでスピード感のある背景イメージの作り方をご紹介します。 いわゆる抽象背景、アブストラクトアートと言われるものですね。今回は光が高速で放射線状に広がるような感じをPhotoshopで表現してみました。 こうした表現はPhotoshopの得意技ですね。いくつかのフィルターを重ねて表現します。 [ads33601] Step01 雲模様1を適用 描画色・背景色が初期状態になっているのを確認し、[フィルター→描画→雲模様1]を適

(中級 関連記事)

メタリックな星のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターでメタリックな星の作り方を説明します。 星のイラストは形も様々で数がとても多いですね。 今回はグラデーションを使ってメタリックで立体的な星を表現していきます。星のイラストは季節問わず使ええるので、作り方を覚えておくととても便利だと思いますよ。 [ads33601] Step01 スターツールで星を描く 「スターツール」を使って(Shift+Alt)+ドラッグをしながら、適当な大きさの星を描きます。 Step02 星に直線

(中級 関連記事)

雪の結晶のクリスマスフレームの作り方

今回は雪の結晶のイラストを使ったクリスマスフレームの作り方をご紹介します。 紙を切り抜いて作った切り紙のように見えますね。 作り方は「ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト」を参考に、イラストレーターで雪の結晶のイラストとフレームを作成し、Photoshopで紙の質感などを出していきます。 今回のポイントは簡単なフレームの作り方(Illustrator)、紙のテクスチャと影の作り方(Photoshop)なので、すこし面倒臭さを感じても、素敵な切り

(中級 関連記事)

ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

今回はペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラストをご紹介します。 ペンツールを使って描いたような雪の結晶にみえますが、実は既存のブラシ(最初から入っている)を使って作ったイラストです。なので直線を描けばあっという間にできてしまいます。 既存のブラシを組み合わせることで様々な模様の雪の結晶を作ることができますので、ペンツールが苦手な方でも簡単で素敵なデザインに仕上げることができます。 [ads33601] Step01 波型ブラシを適用 <

(中級 関連記事)

Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法

Photoshopで古さを感じるレトロ風な写真に仕上げる方法をご紹介します。 まずはStep01の写真を見て下さい。こちらが加工前の写真になります。だいぶ違いますね。加工後の写真は全体的に黄色がかっていて古ぼけた印象を受けます。 Photoshopではちょっとした加工でこうした印象の異なる写真を作ることができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開きます。 Photoshopで写真を開きます。お手持ちの適当

(中級 関連記事)

Photoshopでシンプルな写真を絹目調に加工する方法

今回はPhotoshopで写真を絹目調に加工する方法をご紹介します。 実際の絹目用紙を触ると表面がザラザラしていますね。光沢感も少し軽減され光沢紙とマット紙の中間くらいの感じです。 そのザラザラとした感じをPhotoshopを使って表現したいと思います。フィルターを何度も重ねるので、フィルターに慣れていない方は難しそうに感じるかもしれませんが、練習だと思って試してみるのもいいかと思いますよ。 [ads33601] Step01 画像を用意する

(中級 関連記事)

メダルバッジを作る方法(イラストレーター)

今回はイラストレーターでメダルバッジを作る方法をご紹介します。 メダルバッジはアイコン、バナーや雑誌、チラシ、POPなど様々な場面でよく見ますね。ランキングや賞の受賞など何か社会的な評価を得たモノに対して使われるパーツです。 定番中の定番のパーツですので作り方はマスターしておきたいですね。基本の作り方をマスターすれば、オリジナルのメダルもいくらでも作ることもできます。 [ads33601] Step01 メダルのギザギザを作る まずはメダ

(中級 関連記事)

中級に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な中級に関する記事をお探し下さい。