DesignTips > 背景・パターン

クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

クラシックなパターン素材をイラストレーターで作成する方法をご紹介します。 ビクトリアンなどに代表されるクラシックなデザインはレースや装飾を多用し、芸術的、戒律的な印象を与えます。装飾は細かく幾何学的な模様を呈し、デザインするには中々難しいジャンルとも言えるでしょう。 今回はそうした複雑なクラシックデザインを簡単なパターンを使って表現してみました。 [ads33601] Step01 パターンを作成する まずは装飾のパターンを作成します。

(背景・パターン 関連記事)

1つのパターンからドットと斜線背景を作る方法(Photoshop)

Photoshopで1つのパターンからドットと斜線背景を作る方法をご紹介します。 webデザインをしていると背景をどうしようか迷う時がありますよね。無地ではつまらない。でもあまりパターンが主張しすぎるのは好ましくない。 そんな「背景にちょっとしたアクセントをつけたい」という方に最適なTipsです。さらにパターンを1つ作れば、比率を変えることでドットと斜線の印象の異なる背景を作ることができます。 [ads33601] Step01 Photoshop

(背景・パターン 関連記事)

水が噴き出してるような背景の作り方(Photoshop)

今回はPhotoshopで水が噴き出しているような背景の作り方をご紹介します。以前ご紹介したPhotoshop 水面のテクスチャと違い、お水が勢いよく大量に噴き出しているようですね。 4種類のフィルターを重ねるだけで表現できるのでとても簡単です。さっそくチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 雲模様1フィルター 新規ファイルを開き、上図のように[描画色:黒・背景色:白]に設定後、[フィルター→描画→雲模様1]を適用します

(背景・パターン 関連記事)

スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

Photoshopでスピード感のある背景イメージの作り方をご紹介します。 いわゆる抽象背景、アブストラクトアートと言われるものですね。今回は光が高速で放射線状に広がるような感じをPhotoshopで表現してみました。 こうした表現はPhotoshopの得意技ですね。いくつかのフィルターを重ねて表現します。 [ads33601] Step01 雲模様1を適用 描画色・背景色が初期状態になっているのを確認し、[フィルター→描画→雲模様1]を適

(背景・パターン 関連記事)

透明感のあるモザイク背景の作り方(Photoshop)

今回はPhotoshopで透明感のあるモザイク背景の作り方をご紹介します。 モザイク模様の不思議な背景ですね。いわゆるアブストラクトアートと言われるやつです。こうした抽象的な背景を作るにはPhotoshopが最適です。 作り方はとても簡単です。グラデーション→フィルターの押し出し→エッジの強調で完成です。 [ads33601] Step01 円形のグラデーションを作成 まずは円形のグラデーションを作成します。 [レイヤー→新規塗りつ

(背景・パターン 関連記事)

配色を生かしたパターンの作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで配色を生かしたパターンの作り方をご紹介します。 今回のポイントは配色。配色次第で初心者の方でも簡単にオシャレなパターンを作ることができます。これからの季節、秋や冬に合うようなシックな色でまとめてみました。 [ads33601] Step01 アートボードと同じ大きさの長方形を描く イラストレーターで新規ファイルを開き、アートボードと同じ大きさの長方形を描きます。塗りは#E0DBD3、線なしで設定。 のちの作業のため

(背景・パターン 関連記事)

和風水墨背景の作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで和風水墨背景の作り方をご紹介します。 今回のTipsは超簡単です。ブラシでただ塗るだけ。ひたすら塗るだけで完成です。大きさ、種類の異なるブラシをランダムに塗るだけで何とも風情のある和風な水墨背景が出来上がります。 初心者の方でも簡単にできますね。 [ads33601] Step01 アートインクを開く ブラシパネル(ウィンドウ→ブラシ)を開き、[右上のマークをクリック→ブラシライブラリを開く→アート→アート_インク

(背景・パターン 関連記事)

背景・パターンに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な背景・パターンに関する記事をお探し下さい。