DesignTips > 背景・パターン

光沢感のある華麗なガラス背景の作り方(Photoshop)

Photoshopで光沢感のあるガラス背景の作り方をご紹介します。 透明感がありガラスが反射しているような独特なデザインです。こうした独特な質感のあるデザインをするにはPhotoshopが最適ですね。 作り方は簡単で雲模様→波形→グラデーションの適用で完成です。見た目よりも作り方は簡単ですのでぜひチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 雲模様1を適用させる Photoshopを開き、描画色・背景色を初期値にしておき

(背景・パターン 関連記事)

消しゴムツールで作るランダム模様(Illustrator)

今回は消しゴムツールでランダムな模様を作る方法をご紹介します。 一つのオブジェクトに消しゴムツールでラインを引き、個別に塗・変形などができる、一つ一つ独立したオブジェクトを作ります。 パターン登録して模様作りや、散らしてふりかけ素材にも使うことができるのでとても便利だと思います。コツコツとひたすら図形をつくる手間が省けますよ。 [ads33601] Step01 正方形を描く 図形を描きます。今回は作りやすい正方形にしましたが、形は作りた

(背景・パターン 関連記事)

抽象的なライン背景の作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで抽象的なライン背景の作り方をご紹介します。このような抽象的なデザインをアブストラクトアートと呼びます。 アブストラクトアートは様々な場面で使われるデザインです。ウィンドウズの壁紙なんかが良い例ですね。抽象的で美しく、どこか神秘的な印象も持ち合わせています。 今回はオーソドックスな面とラインで構成されたアブストラクトアートを作っていきたいと思います。 [ads33601] Step01 ペンツールで基本的な面を描く

(背景・パターン 関連記事)

Photoshopでランダムなストライプ背景を作るTips

今回はPhotoshopでランダムなストライプ背景を簡単に作る方法をご紹介します。 細かくストライプの色は指定できませんが、ちょっとしたアクセントには便利な小技ではないでしょうか。 出来上がりのストライプも毎回変わるので、色々な背景のパターンを作る事が出来ます。 [ads33601] Step01 描画色の設定 ストライプの背景を作る前に描画色の設定をします。 Photoshopで[800px×600px]のサイズのドキュメントを用

(背景・パターン 関連記事)

イラストレーターでマーブル模様の作り方を解説

イラストレーターでアクリル絵の具で作ったようなマーブル模様の作り方をご紹介します。 マーブリングインクを水面でかき混ぜて作ったような模様がリアルにできてますね。 実際にマーブル模様を作るのは、作業も面倒ですが、道具もそろえなければいけないので大変です。イラストレーターなら、「うねりツール」でドラッグしていけば簡単に作る事が出来ますし、なにより何度もやり直しができるのがイラストレーターのいいところです。 [ads33601] Step01 マーブル模

(背景・パターン 関連記事)

放射線状をイラストレーターで表現する方法

放射線状をイラストレーターで表現する方法を紹介します。 まずは上のデザインをご覧ください。中心から線が放射線状に飛び出しているデザインです。ポスターの背景やベクターイメージなどによく使われますね。使用頻度が高いデザインパーツだと思います。 今回はこの放射線状の背景を一瞬で作る方法をご紹介します。もちろんペンツールで描くわけでもありません。 [ads33601] Step01 アートボードいっぱいに長方形を作成 イラストレーターを開き、[長

(背景・パターン 関連記事)

迷彩柄の描き方(イラストレーター)

イラストレーターで迷彩柄の描き方をご紹介します。 今回のテーマは迷彩柄ですが、迷彩柄の描き方はみなさんご存じですか?よく目にするデザインですが、意外に複雑な形状をしてますよね。 今回はこうした複雑な迷彩柄をイラストレーターの「パスの変形」を使って簡単に作成してみようと思います。描き方も簡単ですし、他の柄や模様にも応用できるTipsですので、覚えておいて損はないですよ。 [ads33601] Step01 迷彩柄のパーツを作成 まずは迷彩柄

(背景・パターン 関連記事)

背景・パターンに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な背景・パターンに関する記事をお探し下さい。