DesignTips > ジャンル

イラストレーター 線パネルの使い方について

線パネルでは、線の太さを設定するだけでなく、線の両端の形や、角の形を変える事ができます。また点線や矢印も作る事ができます。 細かな設定をすることで、オブジェクトの印象も変わってきますので、ぜひこの機会に線パネルを使いこしてください。 目次 1. 線パネルの表示の仕方 2. 線幅の使い方 3. 線端の使い方 4. 角の形状の使い方 5. 線の位置の使い方 6. 破線の使い方 7. 矢印の使い方 8. プロファイルの使い方 [

(ジャンル 関連記事)

コピーした画像を簡単に元画像と同じ位置にピタッと重ねる方法(Photoshop)

Photoshopでコピーした画像を簡単に元画像と同じ位置に重ねる方法です。 ズレてしまったコピー画像を元画像と同じ位置に重ねる時、どんな方法を使ってますか。コピーした画像の不透明度を下げ、少しずつ動かしていく方法もありますが、細かい部分は拡大表示をしたりと、少し面倒だったりします。 今回は不透明度を調整しなくても、もっと簡単にできる方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 元画像とコピーした画像 左が元画像、右がコピーし

(ジャンル 関連記事)

イラストレーターのリフレクトツール(反転)の使い方

リフレクトツールはオブジェクトを反転させるツールです。鏡に映したような状態にするので鏡面反転ともいいます。 反転したオブジェクトをコピーすることもできるので、左右対称のイラストなどを作る時に便利な機能です。 [ads33601] Step01 リフレクトツールを選択する オブジェクトを選択した状態で、リフレクトツールをダブルクリックし、ダイアログボックスを表示します。 Step02 リフレクトダイアログボックスを設定する リフレクト

(ジャンル 関連記事)

Photoshop 「不透明度」と「塗り」の違いを解説

Photoshopの不透明度と塗りの違いの説明をします。 どちらも、画像などレイヤーの透明度を調整する機能と分かっていてるけど、いまいち違いがはっきりしない。なんとなく値を設定して、こんな感じかな?と使っている方は多いいと思います。 二つの違いをはっきり理解すると、デザイン力も上がり、作業効率アップにもつながります。 目次 1.不透明度とは 2. 塗りとは [ads33601] 1. 不透明度とは 不透明度の値が下がると、レイヤー上にあ

(ジャンル 関連記事)

イラストレーターの回転ツールの使い方 

回転ツールは角度を指定してオブジェクトを回転したり、回転させたオブジェクトをコピーすることができます。オブジェクトを規則正しく円形に並べるときにとても便利な機能です。 [ads33601] Step01 回転ツールを選択する オブジェクトを選択した状態で、「回転ツール」をダブルクリックし、回転ダイアログボックスを表示します。 Step02 回転ダイアログボックスを設定する 回転ダイアログボックスの角度に、回転する角度を入力します。オブジェ

(ジャンル 関連記事)

ジャンルに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なジャンルに関する記事をお探し下さい。