DesignTips > デザインパーツ

角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)

イラストレーターで立方体の角を丸くする作り方です。 今回は立方体の応用編です。立方体の角に丸みをつけて、積み木やサイコロのような形にします。角に丸みがあると色の付け具合で、とてもかわいい素材になります。 立方体の作り方は以前紹介した、立方体、直方体の作り方(イラストレーター)を参考にします。作り方は簡単ですが、まだ、立方体の作り方をチャレンジしてない方は、まず立方体を作くってみてください。 [ads33601] Step01 六角形を3つ作る

(デザインパーツ 関連記事)

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

Photoshopでテープライターで作るラベルテープ風のパーツの作り方をご紹介します。 かちゃかちゃ文字盤をまわして文字を打つ・アナログ感いっぱいのラベルライター。プラスチックテープに凸凹の文字を打刻し、エンボス加工するテープです。文字はぷっくりと盛り上がり、盛り上がった文字は白くなります。 今回は、この凸凹した文字をレイヤースタイルを使ってエンボス加工を上手に表現したり、パスを使ってちぎれたテープを作ります。webパーツとして使ったり、ちょっとした写真加

(デザインパーツ 関連記事)

図形ツールで作るレースの作り方(イラストレーター)

図形ツールを使って作るレースのイラストの紹介をします。 レースのイラストと聞くと難しと思ってしまいます。ですが今回はペンツールを使わずに、図形ツールだけを使ってレースのイラストを作ります。 図形を回転コピーして作ります。模様を変えて、ほとんど同じ工程を繰り返すだけなので、作りやすいと思います。 ペンツールのような細かさはだしにくいですが、レースのイラストを作ったことがない方や、難しそうでチャレンジしてないという方には、とってもいい練習になると思います

(デザインパーツ 関連記事)

草木の素材を円形に変形してフレームを作る方法(Photoshop CS6)

Photoshopで草木の素材を円形に変形してフレームを作ります。 お花や葉っぱを、円形に並べたり重ねたりして作るフレームはよくありますね。 今回は素材を並べるのではなく、まっすぐな小枝やツタのような直物を、パペットワープできれいな丸い形にします。もちろん円形以外にも作る事ができます。 パペットワープを使うにはちょっとコツがいりますが、オリジナルの素材作りには役立ちますのでぜひ挑戦してください。 [ads33601] Step01 素材の下準

(デザインパーツ 関連記事)

イラストレーターで破線・点線の作り方

イラストレーターで破線・点線の作り方を説明します。 線パネルで破線・点線を作れることは知っていたけど、たぶんこの数値だったら。となんとなくで作っている方や、丸で作る点線の設定が苦手という方はぜひ参考にしてみて下さい。 今まで時間をかけてた破線・点線を作る作業が効率よくできますよ。 目次 1. 破線の作り方 2. 点線の作り方 3. 図形の枠を破線・点線で作った時に角を揃える方法(CS5から新機能) [ads33601] 1. 破線の作

(デザインパーツ 関連記事)

Photoshopで点線・破線を作る方法

Photoshopで点線と破線の作り方を紹介します。 Photoshopの元のブラシの設定を変えるだけで作ることができるので、とても簡単です。イラストレーターでも点線・破線を作ることができますが、わざわざイラレを使うほどじゃなかったり、イラレを持っていない方には役立つと思います。 [ads33601] [点線の作り方] Step01 ブラシパレットを表示する まずはPhotoshopで点線の作り方からご紹介します。 [ブラシツール]を選択

(デザインパーツ 関連記事)

デザインパーツに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なデザインパーツに関する記事をお探し下さい。