DesignTips > デザインパーツ

黒板のイラストの作り方(Photoshop)

Photoshopで黒板のイラストの作り方をご紹介します。 黒板は挿し絵やバナー、チラシなど何かと使えるイラストですね。ナチュラルさや素朴さを演出する時にも使えるパーツです。素材を利用しても良いのですが自分で作ることができます。 サイズやカラーも自在に変更できるので一度作り方を覚えてしましましょう。 [ads33601] Step01 黒板の原型となる長方形を描く Photoshopで長方形を描きます。これが黒板のイラストの原型となります

(デザインパーツ 関連記事)

イラレで吹き出しイラストを作成する方法

イラストレーターでびっくりした表現に使う、吹き出しイラストの作り方を紹介します。 吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)で、シンプルな丸型、雲型、四角型を紹介しましたが、今回は爆破したようなギザギザ型です。 吹き出しの三角の部分を付けないと、見出しのパーツとしても使えます。 びっくりした時の表現や、インパクトを与えたい時にいいですね。 [ads33601] Step01 楕円を作り、アンカーポイントを追加する 「楕円ツール」で

(デザインパーツ 関連記事)

立方体、直方体の作り方(イラストレーター)

イラストレーターで立方体や直方体を作る方法をご紹介します。 立方体の作り方みなさんご存知ですか?立方体は一見簡単に作れそうですが、その方法は意外に知られていないものです。今回はイラストレーターで立方体の作り方を丁寧に解説していきます。 なお、イラストレーターで立方体ができてしまえば直方体は簡単に作れます。まずは基本となる立方体の作り方から見ていきましょう。 [ads33601] Step01 多角形ツールを選択 まずは立方体の原型を作って

(デザインパーツ 関連記事)

Photoshopで光のラインを作る方法

Photoshopで光のラインを作りたいと思います。 基本的なシンプルな光のラインです。今回はPhotoshopで一本の線から緩やかなカーブをした光るラインの作り方をご紹介します。レイヤーを重ね2種類のスタイルを使うことで、発光の仕方を工夫しています。 ロゴ合わせたり、背景に使えそうですね。 [ads33601] Step01 レイヤーを黒く塗りつぶす Photoshopを開き、レイヤーを[#000000]で塗りつぶします。 Step0

(デザインパーツ 関連記事)

曲線の矢印の描き方(発想の逆転編)

曲線の矢印の描き方をご紹介します。 さて突然ですが、上図のような曲線の矢印を皆さんはどのように描きますか? 今回は非常に簡単に、かつ美しい曲線の矢印を描く技をご紹介します。使用ソフトはイラストレーターです。目から鱗ですよ。 [ads33601] Step01 ペンツールで曲線を描く イラストレーターを開き、ペンツールで曲線を描きます。 これが矢印のベースとなります。 Step02 線幅ツールで線幅を広げる 線幅ツールを選

(デザインパーツ 関連記事)

メタリックな星のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターでメタリックな星の作り方を説明します。 星のイラストは形も様々で数がとても多いですね。 今回はグラデーションを使ってメタリックで立体的な星を表現していきます。星のイラストは季節問わず使ええるので、作り方を覚えておくととても便利だと思いますよ。 [ads33601] Step01 スターツールで星を描く 「スターツール」を使って(Shift+Alt)+ドラッグをしながら、適当な大きさの星を描きます。 Step02 星に直線

(デザインパーツ 関連記事)

ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

今回はペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラストをご紹介します。 ペンツールを使って描いたような雪の結晶にみえますが、実は既存のブラシ(最初から入っている)を使って作ったイラストです。なので直線を描けばあっという間にできてしまいます。 既存のブラシを組み合わせることで様々な模様の雪の結晶を作ることができますので、ペンツールが苦手な方でも簡単で素敵なデザインに仕上げることができます。 [ads33601] Step01 波型ブラシを適用 <

(デザインパーツ 関連記事)

デザインパーツに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なデザインパーツに関する記事をお探し下さい。