DesignTips > デザインパーツ

墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方(Illusutrator)

今回はイラストレーターで墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方をご紹介します。 そのまま墨汁が飛び散ったイラストとして使ってもいいですし、ブラシとしても使えます。 ギザギザした部分が難しく感じるかもしれませんが、六角形を使えば簡単にできてしまうので、さっそく工程を見ていきましょう。 [ads33601] Step01 六角形を作る 多角形ツールで六角形をつくります。 ※次の工程の<クラウンツール>のブラシと大きさを比較するためなの

(デザインパーツ 関連記事)

イラストレーターの3Dで作るシーリングワックスのイラスト

今回はイラストレーターの3D機能を使ってシーリングワックスのイラストの作り方をご紹介します。 シーリングワックスは封筒の封をする時に使われていますね。最近はシールにもなっています。 3Dを使ってロウの溶けた質感や立体感を出すため、一つのイラストでもいくつかのレイヤーに分けて作成します。 一見難しそうに思えるかもしれませんが、シーリングワックスのフレームさえ作ってしまえば、あとは好きなイニシャル・ イラスト(紋章)などを配置すれだけ!とっても素敵なデザ

(デザインパーツ 関連記事)

メダルバッジを作る方法(イラストレーター)

今回はイラストレーターでメダルバッジを作る方法をご紹介します。 メダルバッジはアイコン、バナーや雑誌、チラシ、POPなど様々な場面でよく見ますね。ランキングや賞の受賞など何か社会的な評価を得たモノに対して使われるパーツです。 定番中の定番のパーツですので作り方はマスターしておきたいですね。基本の作り方をマスターすれば、オリジナルのメダルもいくらでも作ることもできます。 [ads33601] Step01 メダルのギザギザを作る まずはメダ

(デザインパーツ 関連記事)

消しゴムツールで作るランダム模様(Illustrator)

今回は消しゴムツールでランダムな模様を作る方法をご紹介します。 一つのオブジェクトに消しゴムツールでラインを引き、個別に塗・変形などができる、一つ一つ独立したオブジェクトを作ります。 パターン登録して模様作りや、散らしてふりかけ素材にも使うことができるのでとても便利だと思います。コツコツとひたすら図形をつくる手間が省けますよ。 [ads33601] Step01 正方形を描く 図形を描きます。今回は作りやすい正方形にしましたが、形は作りた

(デザインパーツ 関連記事)

POPな吹き出しイラストの作り方(イラストレーター)

今回はPOPな吹き出しイラストの作り方をご紹介します。今回はPOP感を演出するために吹き出しを雲型にし、縁取りと影を加えてみました。 なお、吹き出しの基本的な作り方は吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)でもご紹介しています。こちらも併せてご覧ください。 [ads33601] Step01 楕円ツールで円を適当に描く まずは雲型吹き出しの雲の部分を作成します。 楕円形ツールで正円を上図のようにランダムに描きます。 正円は

(デザインパーツ 関連記事)

切手のイラスト(フレーム)の作り方(イラストレーター)

イラストレーターで切手のイラスト(フレーム)の作り方の紹介です。 切手のフレーム中にイラストを配置してあるのでより切手のイラストらしく仕上がってますね。 イラストだけでなくお気に入りの写真と組み合わせたり、もしくはちょっと失敗した写真を切手のイラストをアクセントとしてごまかしてしまうのもいいですね。 [ads33601] Step01 切手のフレームの縦側を作る 「楕円ツール」でShiftキーを押しながら正円をつくり、正円を(Alt+ドラ

(デザインパーツ 関連記事)

Photoshopで水滴のイラストをリアルに作る

Photoshopで作る水滴のイラストをご紹介します。 机の上にお水がこぼれたように表現できてますね。文字も水滴と同じ効果が出てるのが面白いです。 これは、文字やブラシにスタイルを追加して表現しています。スタイルは保存ができるので、一度水滴のスタイルを作ってしまえば、何度でもワンクリックで繰り返し使うことが出来るのでとっても便利な機能です。 [ads33601] Step01 Photoshopで作った木目のテクスチャ画像を用意する Ph

(デザインパーツ 関連記事)

デザインパーツに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なデザインパーツに関する記事をお探し下さい。