DesignTips > 写真加工

写真をポラロイド風に加工する方法(Photoshop)

Photoshopで写真をポラロイド風の加工にする方法を紹介します。 今回は写真をポラロイドカメラで撮ったような画質が落ちたような味のある加工と、テクスチャ素材を使ってリアルなポラロイドのフレームを作ります。 ただ白い縁をつけるのは味気ないですし、何気ない写真もデザイン性のある写真にみえてきます。いつもとちょっと違った雰囲気の写真の演出におすすめです。 [ads33601] Step01 写真をトリミングする 写真をポラロイド風の正方形7

(写真加工 関連記事)

折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)

Photoshopで折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方をご紹介します。 ポケットやお財布に折りたたんで入れてたような、リアルな折り目に見えますね。今回はアンティーク調にした写真に、折り目や傷のテクスチャを加えるだけでなく、リアルな折り目を表現します。 作り方を覚えてしまえば、色々な形の折り目を作ることができるので、ぜひ挑戦してみて下さい。 [ads33601] Step01 写真を用意する 写真を用意します。 ※今回はsh

(写真加工 関連記事)

感光したような写真に加工する方法(Photoshop)

写真に感光したような加工をする作り方をご紹介します。 フィルムに光が入って感光した写真は、独特な雰囲気をもってます。実際の写真だと失敗作にされてしまいますが、あえてPhotoshopで感光したような加工をして、レトロな雰囲気を表現します。 ピンぼけや失敗したなと思う写真を使ってみるのもいいですね。 [ads33601] Step01 加工する写真をPhotoshopで開く 加工したい写真をPhotoshopで開きます。 前もって写真

(写真加工 関連記事)

写真を幻想的な雰囲気に加工する方法(Photoshop)

写真を幻想的な雰囲気に加工する方法をご紹介します。 ふわふわとやわらかい光りが漂って幻想的ですね。今回はトーンカーブで写真の色味を変えたり、テクスチャの入ったブラシの作り方、グラデーションで微妙な色合いを出したりと、写真加工に役立つ機能が使われています。 工程は長いですが、ぜひ挑戦を!試してみて損はないと思いますよ。 [ads33601] Step01 加工したい写真を用意する 写真を用意したら、レイヤーをコピーし非表示にします。コピーし

(写真加工 関連記事)

Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

Photoshopのぼかし(ガウス)を使って背景をぼかします。 写真の背景をぼかしたい!ってニーズは結構あります。一眼レフなどではじめから背景にぼかしが入っているときにはいいのですが、後からぼかしを入れるのはちょっと大変そうです。 しかし、Photoshopを使えば簡単に背景にぼかしを入れることができます。背景をぼかすことで写真にメリハリが生まれる効果も期待できますね。 [ads33601] Step01 ぼかす部分とぼかさない部分を分ける

(写真加工 関連記事)

Photoshopで写真を線画にする方法

Photoshopで写真を線画にする方法をご紹介します。 今回のTipsはとっても簡単です。Photoshopで写真から上のような線画をとっても簡単に作成する方法をご紹介します。お遊び感覚でやってみて下さい。あっという間に線画ができちゃいますよ。 [ads33601] Step01 線画にする写真を用意する まずは線画にしたい写真を用意し、Photoshopで開きます。 写真はどんなものでも結構ですが、輪郭がはっきりしたものの方がうまく線

(写真加工 関連記事)

パペットワープがすごい!(Photoshop CS5)

機能自体は知っていたのですが、なかなか使う機会がなかったパペットワープ。その驚きの機能をご紹介します。まずは上図をご覧ください。右の女性は左の女性をパペットワープを利用して加工したものです。 驚きですね!女性の動きそのものが変わっています。パペットとは英語で操り人形を意味します。パペットワープはこうした人物や動物などの動きを操り人形のように変化させることができる機能です。また、他にもレタッチやパノラマ写真のゆがみ修正などに利用されます。 ※パペットワープは

(写真加工 関連記事)

写真加工に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な写真加工に関する記事をお探し下さい。