DesignTips > 写真加工

Photoshopでシンプルな写真を絹目調に加工する方法

今回はPhotoshopで写真を絹目調に加工する方法をご紹介します。 実際の絹目用紙を触ると表面がザラザラしていますね。光沢感も少し軽減され光沢紙とマット紙の中間くらいの感じです。 そのザラザラとした感じをPhotoshopを使って表現したいと思います。フィルターを何度も重ねるので、フィルターに慣れていない方は難しそうに感じるかもしれませんが、練習だと思って試してみるのもいいかと思いますよ。 [ads33601] Step01 画像を用意する

(写真加工 関連記事)

画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)

今回はPhotoshopの画像の角度補正でできた空白部分を補う方法をご紹介します。 以前「Photoshop 写真の傾きを補正する方法」でご紹介した画像修正では、画像が水平になると四隅に空白部分ができてしまうため、トリミングをしなければいけません。 ですが、トリミングをすることで、画像のサイズが小さくなってしまいます。今回は、その空白部分を自動的に補う方法を説明していきたいと思います。 [ads33601] Step01 余白を選択する

(写真加工 関連記事)

トーンカーブで写真を手軽に補正する方法(Photoshop)

今回はPhotoshopのトーンカーブを使って写真を手軽に補正する方法をご紹介します。 まずは下のStep01の写真をご覧ください。こちらが補正前の写真です。かなり違いますね。上の写真に比べコントラストが低く、空や海の青さも鮮明ではないです。全体的にぼやけた印象を受けますね。 今回はこうしたぼやけた印象の写真をトーンカーブを使って鮮明な写真に補正する方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 1枚の写真を用意する まずは1枚

(写真加工 関連記事)

Photoshopで写真をレトロに加工する方法

Photoshopで写真をレトロに加工する方法をご紹介します。 上の写真を見てみて下さい。全体的に青みがかっていて、ちょっとレトロな雰囲気が感じられますね。 Photoshopではこうした様々な写真加工ができます。Photoshopがあれば何てことのない一枚の写真をレトロなポスターやCDジャケットなんかに変身させることも可能です。 [ads33601] Step01 加工用の写真を用意する Photoshopで加工するための写真を1枚用意

(写真加工 関連記事)

30秒で写真をセピアカラーにする方法3 (Photoshop CS5)

今回は30秒で写真をセピアカラーにする方法の3つ目をご紹介します。 Photoshopでセピア調の写真を作る方法、30秒で写真をセピアカラーにする方法2でも、写真をセピアカラーにしましたが、今回もあっという間に写真をセピアカラーにしていきます。 [ads33601] Step01 写真を用意する セピアカラーにしたい写真を用意します。今回はfotoliaで購入した写真を使います。 (上記写真はfotoliaで購入した写真です。こちらの写真を使

(写真加工 関連記事)

30秒で写真をセピアカラーにする方法2 (Photoshop CS5)

今回は30秒で写真をセピアカラーにする方法のご紹介です。 Photoshopでセピア調の写真を作る方法でも写真をセピアカラーにしましたが、今回はワンクリックでセピアカラーにすることができます。 [ads33601] Step01写真を用意する セピアカラーにしたい写真を用意して下さい。今回はfotoliaで購入した写真を使います。 (上記写真はfotoliaで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

(写真加工 関連記事)

Photoshopでセピア調の写真を作る方法

Photoshopでセピア調の写真を作る方法をご紹介します。Photoshopにはオブジェクトをセピア調にする機能が色々あります。今回はもっとも簡単な方法をご紹介しましょう。 ※カメラの機種によってはあらかじめセピア調にできる機能が搭載されているものもあります。今回はすでに撮ってしまった写真を後からセピア調にしたい!という時に便利な方法です。 [ads33601] Step01 Photoshopでカラー写真を開く Photoshopでカラー写

(写真加工 関連記事)

写真加工に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な写真加工に関する記事をお探し下さい。