DesignTips > テクスチャ

Photoshopでシワの入った革のテクスチャの作り方

Photoshopで革のテクスチャを作ります。 革のテクスチャはよく使われる素材です。デザインのちょっとしたアクセントにもなるので重宝します。 今回はシンプルな革のテクスチャと味わい深い色合いのシワが入ったテクスチャの2つを作る事ができます。シンプルな革のテクスチャは色々な革のテクスチャを作る時のベースにもなるので、ぜひ参考にしてみて下さい。 [ads33601] Step01 ざらついたテクスチャを作る 新規ファイルを作成し、背景レイヤ

(テクスチャ 関連記事)

石の壁のテクスチャの作り方(Photoshop)

今回はPhotoshopで石の壁のテクスチャの作り方をご紹介します。 きれい目の石の壁というより、ちょっと古代的な感じがする石の壁のテクスチャですね。 今回はこの石の壁のテクスチャを4ステップで簡単に作ります。あっという間に作る事が出来るのでさっそく見ていきましょう。 [ads33601] Step01 新規ファイルを作成 まずは石の壁のテクスチャのベースを作ります。 今回はサイズ[800pxX600px]、カラー[#c8a56c]

(テクスチャ 関連記事)

Photoshopで段ボールのテクスチャを作る

今回はPhotoshopで段ボールのテクスチャの作り方をご紹介します。 段ボールのボコボコした部分を表現してありますから、文字やハートなどの図形のパターンとして使ってもいいですね。 写真を配置して、スクラップブック風にしても面白いと思いますからさっそく作り方を見ていきましょう。 [ads33601] Step01 新規べた塗りレイヤーで塗りつぶす 上図のカラー設定をした後、新規べた塗りレイヤーで全体を塗りつぶします。 (関連記事:P

(テクスチャ 関連記事)

Photoshopで芝生のテクスチャを作る

今回はPhotoshopで芝生のテクスチャの作り方をご紹介します。 芝が青々茂っているように見えますね。本物の芝のようにつんつんと芝が立っているように見えるのは、何種類かのフィルターを使うことで簡単にできます。さっそく試してみましょう。 [ads33601] Step01 雲模様1の設定 カラー設定を上図のようにした後、[フィルター→描画→雲模様1]を適用させます。 雲模様1の状態 雲模様1を適用させました。 雲模様はランダム

(テクスチャ 関連記事)

金属テクスチャをPhotoshopで作る方法

金属テクスチャをPhotoshopで作る方法を説明していきたいと思います。今回はヘアラインと呼ばれる一方向に細かいラインがあるシンプルな金属のテクスチャですから、色々と使い勝手がいいと思います。 金属の特徴のメタリックな質感を簡単な方法で作りだしていきますので、さっそくその作り方を見ていきましょう。 [ads33601] Step01 金属のテクスチャのベースになる色に塗りつぶす 新規ファイルを作り[レイヤー→新規塗りつぶしレイヤー→べた塗り]

(テクスチャ 関連記事)

Photoshop 水面のテクスチャの作り方

Photoshopで水面のテクスチャの作り方をご紹介します。水面に光が反射してとてもきれいですね。 水面の揺らめきと光の反射がとても涼しげな雰囲気を出してます。こんなにキラキラしたきれいな水面のテクスチャがPhotoshopでたったの5分でできてしまいます。一度、作ってしまうと5分とかからずに作れるぐらい簡単に作る事が出来ますよ。 [ads33601] Step01 Photoshopの雲模様1のフィルターを設定 Photoshopを開き、フィ

(テクスチャ 関連記事)

Photoshopでアスファルトのテクスチャを作る

今回は、Photoshopで作るアスファルトのテクスチャの作り方をご紹介します。アスファルト特有のザラザラとして粗い表面がしっかり表現してありますね。 遠近法を使って道路を作ることも出来ますし、色や、透明度を調整すれば、他のテクスチャとしても使うことが出来ます。 [ads33601] Step01 塗りつぶし 塗りつぶしをするため、白黒のアイコンをクリックし、塗りつぶしレイヤーを新規作成、上図のカラー設定で塗りつぶします。 (関連記事:P

(テクスチャ 関連記事)

テクスチャに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なテクスチャに関する記事をお探し下さい。