DesignTips > 抽象的

写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)

写真を利用したコラージュ作品の作り方をご紹介します。 コラージュ作りで重要なのは素材集めとレイアウト、世界観です。特に素材集めは重要で、日ごろからコラージュに使えそうな良い写真や素材を集めておく必要があります。今回は女性、植物、蝶、水彩ペイントなどの写真や素材を使ってみたいと思います。 世界観は女性の写真が良いのでそれを生かしつつ、全体を水彩画風のトーンで表現してみました。ソフトなブラシを使ってぼかしを入れ、コラージュ全体を幻想的な雰囲気に仕上げてみました

(抽象的 関連記事)

水が噴き出してるような背景の作り方(Photoshop)

今回はPhotoshopで水が噴き出しているような背景の作り方をご紹介します。以前ご紹介したPhotoshop 水面のテクスチャと違い、お水が勢いよく大量に噴き出しているようですね。 4種類のフィルターを重ねるだけで表現できるのでとても簡単です。さっそくチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 雲模様1フィルター 新規ファイルを開き、上図のように[描画色:黒・背景色:白]に設定後、[フィルター→描画→雲模様1]を適用します

(抽象的 関連記事)

スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

Photoshopでスピード感のある背景イメージの作り方をご紹介します。 いわゆる抽象背景、アブストラクトアートと言われるものですね。今回は光が高速で放射線状に広がるような感じをPhotoshopで表現してみました。 こうした表現はPhotoshopの得意技ですね。いくつかのフィルターを重ねて表現します。 [ads33601] Step01 雲模様1を適用 描画色・背景色が初期状態になっているのを確認し、[フィルター→描画→雲模様1]を適

(抽象的 関連記事)

透明感のあるモザイク背景の作り方(Photoshop)

今回はPhotoshopで透明感のあるモザイク背景の作り方をご紹介します。 モザイク模様の不思議な背景ですね。いわゆるアブストラクトアートと言われるやつです。こうした抽象的な背景を作るにはPhotoshopが最適です。 作り方はとても簡単です。グラデーション→フィルターの押し出し→エッジの強調で完成です。 [ads33601] Step01 円形のグラデーションを作成 まずは円形のグラデーションを作成します。 [レイヤー→新規塗りつ

(抽象的 関連記事)

抽象的なライン背景の作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで抽象的なライン背景の作り方をご紹介します。このような抽象的なデザインをアブストラクトアートと呼びます。 アブストラクトアートは様々な場面で使われるデザインです。ウィンドウズの壁紙なんかが良い例ですね。抽象的で美しく、どこか神秘的な印象も持ち合わせています。 今回はオーソドックスな面とラインで構成されたアブストラクトアートを作っていきたいと思います。 [ads33601] Step01 ペンツールで基本的な面を描く

(抽象的 関連記事)

イラストレーターでマーブル模様の作り方を解説

イラストレーターでアクリル絵の具で作ったようなマーブル模様の作り方をご紹介します。 マーブリングインクを水面でかき混ぜて作ったような模様がリアルにできてますね。 実際にマーブル模様を作るのは、作業も面倒ですが、道具もそろえなければいけないので大変です。イラストレーターなら、「うねりツール」でドラッグしていけば簡単に作る事が出来ますし、なにより何度もやり直しができるのがイラストレーターのいいところです。 [ads33601] Step01 マーブル模

(抽象的 関連記事)

Illustratorでグラデーション入り背景パターンの作り方

Illustratorでグラデーション入り背景パターンの作り方を説明します。 黄色のグラデーションと背景のハチの巣のようなパターンがうまく馴染んでいますね。 こうした表現は一番上のレイヤーの描画モードを変えることによって実現できます。Photoshopでもできますが、今回はIllustratorで作ってみたいと思います。 [ads33601] Step01 長方形を描く Illustratorを開き、長方形ツールでアートボード上いっぱいに

(抽象的 関連記事)

抽象的に関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な抽象的に関する記事をお探し下さい。