DesignTips > カラフル

Photoshopで写真をアンディ―ウォーホル風に加工する方法

Photoshopで写真をアンディーウォーホル風に加工します。 選択範囲を使い、各パーツに分けて着色していきます。1つ基本の作品を作ると「色相・彩度」で、豊富なバリエーションができます。 加工する写真はナチュラルメイク、ガッツリメイクのどちらでも作る事ができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く 今回はこの写真をアンディ―ウォーホル風に加工します。背景がある場合は先に切り抜きをします。 今回はsh

(カラフル 関連記事)

イラストレーター クリップのイラストの描き方

  イラストレーターでクリップのイラストの描き方をご紹介します。 文房具のパーツで重宝する、オーソドックスな形のクリップを作ります。クリップの形は、カーブと直線の組み合せでできています。簡単そうに見えますが、思っていたより難しいので、作るのをあきらめた方もいる思います。 今回は3つのパーツでクリップを作ります。立体感はブレンドツールでグラデーションを作って表現します。 [ads33601] Step01 3種類の角丸長方形を作成する

(カラフル 関連記事)

イラストレーターでクリスマスリースの描き方

イラストレターでクリスマスリースを描きます。 モールのような葉をグルグルと巻いたリースを作ります。作り方はヤシの葉状のオブジェクトをブラシに登録して作ります。細長い葉にふわっとした質感をプラスするので、配置するイラストによってシンプルなものやゴージャスなクリスマスリースなどを作ることができます。 [ads33601] Step01 楕円ツールで針のようなオブジェクトを作る 「楕円ツール」で横長の細い楕円を作ります。左側のアンカーポイントを切り換

(カラフル 関連記事)

Photoshopで写真の一部の色を違和感なく変更する方法

Photoshopで部分的に写真の一部の色を違和感なく変更します。 今回は素材のほんの一部分の色だけを変更します。素材を色違いで使いたい時にとても便利な加工です。「新規調整レイヤー」を使用して部分的に色を変更するので、イメージ通りの色になるまで調整を繰り返えしておこる、画像の劣化もありません。 カラーバリエーション豊富な素材を作る事ができるので、ぜひ参考にして下さい。 [ads33601] 一部の色だけを変更をするメリット 上図のように一

(カラフル 関連記事)

夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターで花火のイラストを作ります。 花火といえば夏の風物詩ですね。今回はパッと夜空に咲く、お花のような形の打ち上げ花火です。 オリジナルの花火のブラシを作り、ブラシを重ねて花火のイラストを作ります。背景の細かな花火は、正円を散らして配置するだけなので、とても簡単に作る事ができます。 [ads33601] Step01 正円をしずく型に変形する [5px]の正円を作り、下のアンカーポイントを尖らせたます。これをコピーして、2つ作り

(カラフル 関連記事)

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

Photoshopでテープライターで作るラベルテープ風のパーツの作り方をご紹介します。 かちゃかちゃ文字盤をまわして文字を打つ・アナログ感いっぱいのラベルライター。プラスチックテープに凸凹の文字を打刻し、エンボス加工するテープです。文字はぷっくりと盛り上がり、盛り上がった文字は白くなります。 今回は、この凸凹した文字をレイヤースタイルを使ってエンボス加工を上手に表現したり、パスを使ってちぎれたテープを作ります。webパーツとして使ったり、ちょっとした写真加

(カラフル 関連記事)

カラフルに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なカラフルに関する記事をお探し下さい。