DesignTips > クール

Photoshopでプライバシーを守るために写真にモザイクをかける方法

Photoshopで写真の一部にモザイクをかけます。 Webサイトに写真を載せる時、プライバシーを守るために、顔や車のナンバー、周りのお家などにモザイクをかけることがあります。 Photoshopでは、そのモザイクをフィルターを使って簡単に処理することが出来ます。 また、モザイク処理は見せてはいけない部分を隠すだけでなく、あえて、わざと隠して「ここに何がるの?」と好奇心をくすぐる効果もあります。 [ads33601] Step01 Photo

(クール 関連記事)

ファッション広告のような部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)

Photoshopで部分的にカラーを残した白黒写真を作ります。 白黒写真の一部だけをカラーにすると、印象を強く感じさせるデザインを作る事ができます。 そしてなによりも、とっても簡単に作る事ができます。部分的に残すモノやカラーによって印象が大きく変わるのでとても面白い写真加工ができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く この写真の口紅の色を残した状態で、白黒写真を作ります。 今回はshutterstoc

(クール 関連記事)

Photoshopでインパクトある集中線の作り方

Photoshopで集中線を作ります。 漫画で使うようなインパクトある集中線はイラストレーターで作る事が多いですが、今回はPhotoshopで集中線を作ります。 作り方はとても簡単です。作成後も集中線の本数や太さを調整する方法も紹介しています。 [ads33601] Step01 新規ファイルを作成する ファイルの大きさは、使用する目的に合わせて設定してください。 新規ファイルを作成し、背景レイヤーをダブルクリックをして通常のレイヤ

(クール 関連記事)

Photoshopでシワの入った革のテクスチャの作り方

Photoshopで革のテクスチャを作ります。 革のテクスチャはよく使われる素材です。デザインのちょっとしたアクセントにもなるので重宝します。 今回はシンプルな革のテクスチャと味わい深い色合いのシワが入ったテクスチャの2つを作る事ができます。シンプルな革のテクスチャは色々な革のテクスチャを作る時のベースにもなるので、ぜひ参考にしてみて下さい。 [ads33601] Step01 ざらついたテクスチャを作る 新規ファイルを作成し、背景レイヤ

(クール 関連記事)

Photoshopで星雲と細かい星の作り方

Photoshopで星雲と細かい星の作り方を紹介します。 今回は、背景やデジタルコラージュに使える星雲と大小ランダムに散らばった細かい星を作ります。 工程数が多いですが、ランダムに散った大きめの星と小さめの星。色鮮やかな星雲。光を放つ小さい惑星の4つを作るので、各パーツを色々な場面で使い分けることも出来ます。 ロゴの背景に使いメリハリをつけたり、幻想的な合成やコラージュに使ってみて下さい。 各設定は目安です。様子を見ながら調整して下さい。

(クール 関連記事)

ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)

Photoshopでヴィンテージカメラのファインダーの作り方をご紹介します。 最近はこのような写真加工を簡単にしてくれる、スマートフォンのアプリがたくさんありますが、今回はあえてこのTTVを再現したようなカメラファインダーを作ります。 TTVとは「Through The View finder」の略で、ヴィンテージカメラの2眼レフカメラにある四角いファインダーに、デジタルカメラで覗くようにして撮影します。するとこのような四角いフレームとファインダーのレンズ

(クール 関連記事)

クールに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なクールに関する記事をお探し下さい。