DesignTips > クール

ザラついた質感の背景の作り方(Photoshop)

Photoshopでザラついた質感の背景の作り方をご紹介します。 最近よく見かけるデザインですね。ナチュラルなグラデーションに少しざらついた質感を加えたものです。webサイトの背景なんかに使えそうです。 ざらついた質感はPhotoshopのいくつかのフィルターを重ねて作ります。あとはグラデーションを透過して完成です。透過具合によってざらついた質感をコントロールすることもできます。 [ads33601] Step01 雲模様を適用 Phot

(クール 関連記事)

写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)

写真を利用したコラージュ作品の作り方をご紹介します。 コラージュ作りで重要なのは素材集めとレイアウト、世界観です。特に素材集めは重要で、日ごろからコラージュに使えそうな良い写真や素材を集めておく必要があります。今回は女性、植物、蝶、水彩ペイントなどの写真や素材を使ってみたいと思います。 世界観は女性の写真が良いのでそれを生かしつつ、全体を水彩画風のトーンで表現してみました。ソフトなブラシを使ってぼかしを入れ、コラージュ全体を幻想的な雰囲気に仕上げてみました

(クール 関連記事)

Photoshopで光のラインを作る方法

Photoshopで光のラインを作りたいと思います。 基本的なシンプルな光のラインです。今回はPhotoshopで一本の線から緩やかなカーブをした光るラインの作り方をご紹介します。レイヤーを重ね2種類のスタイルを使うことで、発光の仕方を工夫しています。 ロゴ合わせたり、背景に使えそうですね。 [ads33601] Step01 レイヤーを黒く塗りつぶす Photoshopを開き、レイヤーを[#000000]で塗りつぶします。 Step0

(クール 関連記事)

スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)

Photoshopでスピード感のある背景イメージの作り方をご紹介します。 いわゆる抽象背景、アブストラクトアートと言われるものですね。今回は光が高速で放射線状に広がるような感じをPhotoshopで表現してみました。 こうした表現はPhotoshopの得意技ですね。いくつかのフィルターを重ねて表現します。 [ads33601] Step01 雲模様1を適用 描画色・背景色が初期状態になっているのを確認し、[フィルター→描画→雲模様1]を適

(クール 関連記事)

クールに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なクールに関する記事をお探し下さい。