DesignTips > キラキラ

失敗した暗い夜景をお手軽に明るく補正する方法 Photoshop

Photoshopで暗く撮れた夜景の写真を明かるく補正します。 夜景を綺麗に撮影する時、カメラを固定したりIS0感度の設定をしたりと、いろいろとやってみたのに残念な結果なってしまうことがあります。暗すぎたり、明るすぎたりと思ったような夜景の写真を撮るのは難しいですね。 今回は明るさが足りず地味な夜景の写真を明るく補正します。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く Photoshopで写真を開きます。 ビ

(キラキラ 関連記事)

イラストレーターでクリスマスリースの描き方

イラストレターでクリスマスリースを描きます。 モールのような葉をグルグルと巻いたリースを作ります。作り方はヤシの葉状のオブジェクトをブラシに登録して作ります。細長い葉にふわっとした質感をプラスするので、配置するイラストによってシンプルなものやゴージャスなクリスマスリースなどを作ることができます。 [ads33601] Step01 楕円ツールで針のようなオブジェクトを作る 「楕円ツール」で横長の細い楕円を作ります。左側のアンカーポイントを切り換

(キラキラ 関連記事)

イラストレーターで作るクリスマスオーナメントのイラスト

イラストレーターでクリスマスオーナメントのイラストを描きます。 今回はイラストレーターの3Dを使って、立体的なクリスマスのオーナメントを作ります。3Dを使うとなると難しそうなイメージがありますが、以前ご紹介した「3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)」と同じようにように作れるので、比較的作りやすいと思います。 基本の形をマスターすると、応用として様々な形や模様を作る事ができますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 [ads3360

(キラキラ 関連記事)

Photoshopでジュエリーをより魅力的に見せる写真加工

Photoshopでジュエリーをより魅力的に見えるように写真を加工します。 ジュエリーを撮影すると、ピンボケをしているわけではないのに、実物より物足りなさを感じることがあります。 全体に明るくなりすぎたり、キラキラして輝いている部分が反射してしまい、見づらくなることがあります。しかも写真は実物よりも平らに見えるので立体感が薄れます。 そこで今回は、陰影を強くしてジュエリーの金属やダイヤモンドにメリハリをつけ、より魅力的なジュエリー写真に加工します。

(キラキラ 関連記事)

夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターで花火のイラストを作ります。 花火といえば夏の風物詩ですね。今回はパッと夜空に咲く、お花のような形の打ち上げ花火です。 オリジナルの花火のブラシを作り、ブラシを重ねて花火のイラストを作ります。背景の細かな花火は、正円を散らして配置するだけなので、とても簡単に作る事ができます。 [ads33601] Step01 正円をしずく型に変形する [5px]の正円を作り、下のアンカーポイントを尖らせたます。これをコピーして、2つ作り

(キラキラ 関連記事)

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシの作り方

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシを作ります。 Photoshoにはあらかじめ、キラキラのブラシでクロスハッチというブラシ登録されていますが、サイズが小さめなので大きくして使うと粗くなってしまいます。 今回は大きい画像にも使えるように大きめのサイズを作成します。キラキラのブラシの作り方はとても簡単で、アレンジもしやすいです。 [ads33601] Step01 グレースケールの新規ドキュメントを作成する [500px500px

(キラキラ 関連記事)

キラキラに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なキラキラに関する記事をお探し下さい。