DesignTips > ナチュラル

切り抜き画像に影を合成する方法(Photoshop)

切り抜いた画像に影を合成します。 切り抜いた画像をそのまま他の背景に配置すると、のっぺりとしていかにも合成といった感じになります。今回は切り抜いた画像に影を合成し、配置した背景に違和感なく馴染むようにリアルな影を作成します。 [ads33601] Step01 影あり・影なしを比べる 切り抜いた画像をそのまま他の背景に配置すると、とても違和感があります。なんだか宙に浮いているような感じに見えます。 右図は切り抜いた画像に影を合成した状態で

(ナチュラル 関連記事)

Photoshopで暗い雪景色を明るく補正する方法

Photoshopで暗く撮れた雪景色の写真を明るく補正します。 雪景色はホワイトバランスをAUTOで撮影すると、白い雪がグレーがかって全体に暗く撮れてしまいます。せっかくの素晴らしい白銀の世界も台無しの写真になってしまいますね。 今回はこの暗くなった雪景色を白とびしないように明るく補正します。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く Photoshopで写真を開きます。 雪景色が全体的に薄暗くなっています

(ナチュラル 関連記事)

画像をパスで切り抜く方法(Photoshop)

Photoshopでパスを使って画像の切り抜きを行います。 カメラや雑貨など境界線の輪郭を滑らかに切り抜きをしたい時は、パスを使うときれいに切り抜くことができます。 ペンツール使うので、ペンツールの扱いが苦手な方は少し難しいと思いますが、くっきりした形で切り抜きを行うには最適な切り抜き方法です。 [ads33601] Step01 Photoshopで切抜きをする写真を開く 今回切り抜く対象物は上図のカメラになります。 輪郭がはっき

(ナチュラル 関連記事)

Photoshopで紅葉の写真をより鮮やかに補正する方法

Photoshopで紅葉の写真をより鮮やかに補正します。 今回の写真の補正は紅葉です。紅葉は緑に黄色・赤と様々な色がまじりあって、とても色鮮やかなきれいな景色です。ですがこの紅葉をきれいに撮るのは難しいですし、いざ補正をしようとしても、様々な色がまじりあっているのでなかなか難しいものです。 そんな難しくて手間のかかる紅葉の写真を、驚くほど簡単に補正できる方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 Photoshopで紅葉の写真を開く

(ナチュラル 関連記事)

Photoshopの自動処理で複数の写真をパノラマ写真に仕上げる方法

Photoshopの自動処理を使ってパノラマ写真を作成します。 今回は連続撮影した複数の写真を合成してパノラマ写真を作ります。ひたすら地味に写真を重ねる面倒な作業はなく、自動で複数の写真を並べてパノラマ写真を作ります。 パノラマ写真を作るには、いくつかポイントがありますが、いちばんのポイントは使用する写真が、15~40%ほど重なった物を使用すると一番きれいにパノラマ写真を作る事ができます。 パノラマ写真を作成した後は、写真の補正やトリミングもしていま

(ナチュラル 関連記事)

わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)

ピントの甘い写真をくっきりと締りのある写真に仕上げます。 Photoshopで写真をくっきりシャープにする時、アンシャープマスクや、スマートシャープなどを使いますが、もっと簡単に補正できる機能があります。 補正する画像にもよりますが、もう少し写真全体にはっきりとシャープな感じを出したい時「ハイパスフィルター」を使うと、とても簡単に補正することができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く ピンボケしている

(ナチュラル 関連記事)

幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)

イラストレーターでペーパータグのイラストをご紹介します。 素材の中でも、「紙」や「布」の素材は色々な場面で登場します。特にペーパータグのイラストはアレンジがしやすいので色々なデザインに使うことができます。デザインがさみしい時や、何かもうワンポイントをプラスしたいときにとても重宝する素材です。 今回作るペーパータグは、色々な場面で利用しやすいように、後で色々なアレンジができるようにシンプルに作っています。 [ads33601] Step01 グリッド

(ナチュラル 関連記事)

ナチュラルに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なナチュラルに関する記事をお探し下さい。