DesignTips > レトロ

Photoshopでシワの入った革のテクスチャの作り方

Photoshopで革のテクスチャを作ります。 革のテクスチャはよく使われる素材です。デザインのちょっとしたアクセントにもなるので重宝します。 今回はシンプルな革のテクスチャと味わい深い色合いのシワが入ったテクスチャの2つを作る事ができます。シンプルな革のテクスチャは色々な革のテクスチャを作る時のベースにもなるので、ぜひ参考にしてみて下さい。 [ads33601] Step01 ざらついたテクスチャを作る 新規ファイルを作成し、背景レイヤ

(レトロ 関連記事)

Photoshopで水彩画風の加工方法

Photoshopで水彩画風の加工を作ります。 写真を水彩画風に加工するには、ブラシの設定が要になります。ブラシの設定が多めですが、水彩絵の具の質感を表現しやすくなります。 今回はレイヤーマスクを使うので、失敗しても何度でもやり直せます。レイヤーマスクは難しい水彩絵の具の滲みを作るのに適しているのでお勧めです。 ぜひ、チャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 水彩画風に加工したい写真を用意する 加工したい写真を

(レトロ 関連記事)

折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)

Photoshopで折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方をご紹介します。 ポケットやお財布に折りたたんで入れてたような、リアルな折り目に見えますね。今回はアンティーク調にした写真に、折り目や傷のテクスチャを加えるだけでなく、リアルな折り目を表現します。 作り方を覚えてしまえば、色々な形の折り目を作ることができるので、ぜひ挑戦してみて下さい。 [ads33601] Step01 写真を用意する 写真を用意します。 ※今回はsh

(レトロ 関連記事)

感光したような写真に加工する方法(Photoshop)

写真に感光したような加工をする作り方をご紹介します。 フィルムに光が入って感光した写真は、独特な雰囲気をもってます。実際の写真だと失敗作にされてしまいますが、あえてPhotoshopで感光したような加工をして、レトロな雰囲気を表現します。 ピンぼけや失敗したなと思う写真を使ってみるのもいいですね。 [ads33601] Step01 加工する写真をPhotoshopで開く 加工したい写真をPhotoshopで開きます。 前もって写真

(レトロ 関連記事)

ブロンズプレート風フレームの作り方

ブロンズプレートで作ったようなフレームの作り方をご紹介します。 今回は図形で簡単に作るフレームの応用になります。Illustratorで大きさが違うフレームを3つ作り、Photoshopでブロンズのような質感を出してます。一見難しそうに見えますが作り方はとても簡単ですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 図形を作り重ねて配置する 正方形、長方形、楕円を上図のように重ねて配置します。 [全てを選択→パスフ

(レトロ 関連記事)

クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

クラシックなパターン素材をイラストレーターで作成する方法をご紹介します。 ビクトリアンなどに代表されるクラシックなデザインはレースや装飾を多用し、芸術的、戒律的な印象を与えます。装飾は細かく幾何学的な模様を呈し、デザインするには中々難しいジャンルとも言えるでしょう。 今回はそうした複雑なクラシックデザインを簡単なパターンを使って表現してみました。 [ads33601] Step01 パターンを作成する まずは装飾のパターンを作成します。

(レトロ 関連記事)

Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法

Photoshopで古さを感じるレトロ風な写真に仕上げる方法をご紹介します。 まずはStep01の写真を見て下さい。こちらが加工前の写真になります。だいぶ違いますね。加工後の写真は全体的に黄色がかっていて古ぼけた印象を受けます。 Photoshopではちょっとした加工でこうした印象の異なる写真を作ることができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開きます。 Photoshopで写真を開きます。お手持ちの適当

(レトロ 関連記事)

レトロに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なレトロに関する記事をお探し下さい。