DesignTips > シンプル

Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう

Photoshopで逆光の補正の仕方をご紹介します。 逆光の補正の仕方は、マスクを使用したり、トーンカーブを使ったりとその他数多くあります。被写体によっても調整の仕方が違いますし、逆光の度合いによっても変わってきます。 今回はシャドウ・ハイライトを使って簡単に逆光補正を仕上げます。 [ads33601] Step01 逆光補正する写真を用意する 逆光で撮影したので、空以外、他すべてが暗くなっています。 Step02 シャドウ・ハイライトを表

(シンプル 関連記事)

イラストレーターでジグザグと波線の作り方

イラストレーターでジグザグ・波線を作ります。 ペンツールでジグザグ・波線を描くことはできますが、それではちょっと時間もかかるし大変です。今回は「効果」を使用して簡単に均等なジグザグ・波線を作る方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 直線を描く ペンツールや直線ツールで直線を描きます。直線(パス)を選択した状態で[効果→パスの変形→ジグザグ]でダイアログボックスを表示します。 Step02 ダイアログでジグザグ・波線の設定をす

(シンプル 関連記事)

1pxの手書き風ラインの作り方(Photoshop)

Photoshopで1pxのかすれた手書き風のラインを作ります。 今回は手描き風らしくするため、ノイズフィルターを使ってラインがかすれたように見せます。 ノイズフィルターを適用した後にちょっとしたひと手間で色々な背景に使えるようにします。その他にラインの色の変え方の説明もあります。使い勝手のいい素材なのでぜひ参考にして下さい。 [ads33601] Step01 高さ1pxの選択範囲を作成し塗りつぶす 高さ1pxの選択範囲を作成します。(

(シンプル 関連記事)

Photoshopでシワの入った革のテクスチャの作り方

Photoshopで革のテクスチャを作ります。 革のテクスチャはよく使われる素材です。デザインのちょっとしたアクセントにもなるので重宝します。 今回はシンプルな革のテクスチャと味わい深い色合いのシワが入ったテクスチャの2つを作る事ができます。シンプルな革のテクスチャは色々な革のテクスチャを作る時のベースにもなるので、ぜひ参考にしてみて下さい。 [ads33601] Step01 ざらついたテクスチャを作る 新規ファイルを作成し、背景レイヤ

(シンプル 関連記事)

角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)

イラストレーターで立方体の角を丸くする作り方です。 今回は立方体の応用編です。立方体の角に丸みをつけて、積み木やサイコロのような形にします。角に丸みがあると色の付け具合で、とてもかわいい素材になります。 立方体の作り方は以前紹介した、立方体、直方体の作り方(イラストレーター)を参考にします。作り方は簡単ですが、まだ、立方体の作り方をチャレンジしてない方は、まず立方体を作くってみてください。 [ads33601] Step01 六角形を3つ作る

(シンプル 関連記事)

Photoshopで水彩画風の加工方法

Photoshopで水彩画風の加工を作ります。 写真を水彩画風に加工するには、ブラシの設定が要になります。ブラシの設定が多めですが、水彩絵の具の質感を表現しやすくなります。 今回はレイヤーマスクを使うので、失敗しても何度でもやり直せます。レイヤーマスクは難しい水彩絵の具の滲みを作るのに適しているのでお勧めです。 ぜひ、チャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 水彩画風に加工したい写真を用意する 加工したい写真を

(シンプル 関連記事)

シンプルに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なシンプルに関する記事をお探し下さい。