DesignTips > 冬デザイン

イラストレーターで柊(ひいらぎ)のイラストを描く方法

イラストレーターで作る柊のイラストのご紹介です。 クリスマスの素材に使える柊のイラストを描きます。ちょっと難しく感じる柊の葉のトゲトゲは、パンク効果で簡単に作る事ができます。あとは少しだけ、形を整えたりグラデーションを設定すれば、短時間できれいな柊のイラストが出来上がります。 [ads33601] Step01 アンカーポイントを追加した楕円を葉の形にする 「楕円ツール」で縦長の楕円を作り[オブジェクト→パス→アンカーポイントの追加]でアンカー

(冬デザイン 関連記事)

イラストレーターで作るクリスマスオーナメントのイラスト

イラストレーターでクリスマスオーナメントのイラストを描きます。 今回はイラストレーターの3Dを使って、立体的なクリスマスのオーナメントを作ります。3Dを使うとなると難しそうなイメージがありますが、以前ご紹介した「3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)」と同じようにように作れるので、比較的作りやすいと思います。 基本の形をマスターすると、応用として様々な形や模様を作る事ができますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 [ads3360

(冬デザイン 関連記事)

ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)

今回はペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラストをご紹介します。 ペンツールを使って描いたような雪の結晶にみえますが、実は既存のブラシ(最初から入っている)を使って作ったイラストです。なので直線を描けばあっという間にできてしまいます。 既存のブラシを組み合わせることで様々な模様の雪の結晶を作ることができますので、ペンツールが苦手な方でも簡単で素敵なデザインに仕上げることができます。 [ads33601] Step01 波型ブラシを適用 <

(冬デザイン 関連記事)

配色を生かしたパターンの作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで配色を生かしたパターンの作り方をご紹介します。 今回のポイントは配色。配色次第で初心者の方でも簡単にオシャレなパターンを作ることができます。これからの季節、秋や冬に合うようなシックな色でまとめてみました。 [ads33601] Step01 アートボードと同じ大きさの長方形を描く イラストレーターで新規ファイルを開き、アートボードと同じ大きさの長方形を描きます。塗りは#E0DBD3、線なしで設定。 のちの作業のため

(冬デザイン 関連記事)

冬デザインに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適な冬デザインに関する記事をお探し下さい。