DesignTips > イラストレーター

イラストレーターで作るクリスマスオーナメントのイラスト

イラストレーターでクリスマスオーナメントのイラストを描きます。 今回はイラストレーターの3Dを使って、立体的なクリスマスのオーナメントを作ります。3Dを使うとなると難しそうなイメージがありますが、以前ご紹介した「3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)」と同じようにように作れるので、比較的作りやすいと思います。 基本の形をマスターすると、応用として様々な形や模様を作る事ができますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 [ads3360

(イラストレーター 関連記事)

イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームの作り方

イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームを作ります。 イラストレーターではPhotoshopのように実際に画像を切り抜くことができません。なので今回は、以前ご紹介した「複合パス」・「クリッピングマスク」を使って、一枚の写真をたくさんの丸で切り抜いたようにみせます。 この2つの言葉を聞くと難しそうに思えてしまいますが、驚くほど簡単に作る事ができます。 [ads33601] Step01 イラストレーターで写真を開く イ

(イラストレーター 関連記事)

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法をご紹介します。 輪のオブジェクトを交差させ、鎖のように繋がっているように見せます。今回はシンプルな正円の輪で作りますが、この方法を覚えておくと、応用としてチェーンや五輪の輪など色々なイラスト・素材を作ることができます。 [ads33601] Step01 塗りなしの正円で輪のオブジェクトを作る 「楕円形ツール」で塗りなしの正円を作ります。([線幅:20pt]に設定しました) [オブジェクト

(イラストレーター 関連記事)

オブジェクトやイラストの線幅を部分的に自由に変更する方法(イラストレーターCS5)

オブジェクトやイラストの線幅を部分的に自由に変更します。 線幅を好きな位置で変えようとしても、線パネルの線幅で線を太くすると、全体が均等な太さの線になります。アウトライン化して部分的に線の太さを変えようとしても、一ヶ所ずつアンカーポイントの調整をしたり線をずらしたりと、色々と面倒な作業になります。 この作業を「線幅ツール」で行うと、線の太さを目的の位置で好みの太さに変更することができます。 [ads33601] Step01 オブジェクトまたはイラ

(イラストレーター 関連記事)

イラストレーターでスカルとクロスした骨のイラストの描き方

イラストレーターでスカルとクロスした骨のイラストを描きます。 これまでにハロウィンのイラストとして、かぼちゃ・おばけ・コウモリのイラストをご紹介しました。今回はスカルとクロスした骨のイラストをご紹介します。 今までと同様に「図形」を組み合わせながら作るので、イラストが苦手な方やイラストレーター初心者の方でも簡単に作れると思うので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 [ads33601] Step01 スカルのイラストに使用する各パーツの紹介

(イラストレーター 関連記事)

イラストレーターでコウモリのイラストの描き方

イラストレーターでコウモリのイラストを描きます。 以前、ハロウィンで定番のキャラクター、かぼちゃとおばけのイラストをご紹介しました。今回は、コウモリのイラストをご紹介します。 前回と同様に「図形」を組み合わせながら作るので、イラストが苦手な方やイラストレーター初心者の方でも簡単に作れると思います。 [ads33601] Step01 コウモリのイラストに使用する各パーツの紹介 今回は上図の図形を使ってコウモリのイラストを描きます。おばけや

(イラストレーター 関連記事)

イラストレーターに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なイラストレーターに関する記事をお探し下さい。