DesignTips > フォトショップ

わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)

ピントの甘い写真をくっきりと締りのある写真に仕上げます。 Photoshopで写真をくっきりシャープにする時、アンシャープマスクや、スマートシャープなどを使いますが、もっと簡単に補正できる機能があります。 補正する画像にもよりますが、もう少し写真全体にはっきりとシャープな感じを出したい時「ハイパスフィルター」を使うと、とても簡単に補正することができます。 [ads33601] Step01 Photoshopで写真を開く ピンボケしている

(フォトショップ 関連記事)

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシの作り方

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシを作ります。 Photoshoにはあらかじめ、キラキラのブラシでクロスハッチというブラシ登録されていますが、サイズが小さめなので大きくして使うと粗くなってしまいます。 今回は大きい画像にも使えるように大きめのサイズを作成します。キラキラのブラシの作り方はとても簡単で、アレンジもしやすいです。 [ads33601] Step01 グレースケールの新規ドキュメントを作成する [500px500px

(フォトショップ 関連記事)

明るめに撮れた黒い被写体を艶や陰影をつぶさずに補正する方法(Photoshop)

明るめに撮れた黒い被写体の黒色を深める補正をします。 SLや車など黒い被写体を撮影すると、見た時と違って明るく撮れてしまうことがあります。写真の主役の色がボケてしまうと、メリハリのない写真となってしまいますね。 今回はただ黒くするのではなく、被写体の艶や陰影をつぶさずに黒さを引き出す方法をご紹介します。 [ads33601] Step01 補正する写真を用意する 例として機関車の写真を補正します。 肝心の機関車の黒色が明るく撮れてい

(フォトショップ 関連記事)

Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法

Photoshopで細い毛先やふわっとした髪の毛をきれいに切り抜く方法です。 今回は画像の切り抜きの中でも難しい、髪の毛の切り抜きです。Photoshopではさまざまな画像の切り抜き方法がありますが、今回使用する機能は、CS5以降の「境界線を調整」です。 CS5以下のバージョンの方も、最後に切り抜きの境界線を合成した背景となじませる方法もご紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。 [ads33601] Step01 切り抜く部分をざっくりと選択する

(フォトショップ 関連記事)

Photoshopで建物の写真の歪みを補正して正面から見たような写真にする方法

Photoshopで建物の写真の歪みを補正します。 建物を撮影すると、見上げたような写真になることがあります。特に大きい建物の全体を写そうとすると、ローアングルでカメラを上に向けた状態にするので、見上げたような写真になってしまいます。見上げた状態になると、建物は上になるほどすぼまった形や、中心から外側に広がった樽型のように撮れてしまいます。 今回は、この建物の歪みを補正して、真っ直ぐ正面から見たような写真に仕上げます。 [ads33601] Ste

(フォトショップ 関連記事)

Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう

Photoshopで逆光の補正の仕方をご紹介します。 逆光の補正の仕方は、マスクを使用したり、トーンカーブを使ったりとその他数多くあります。被写体によっても調整の仕方が違いますし、逆光の度合いによっても変わってきます。 今回はシャドウ・ハイライトを使って簡単に逆光補正を仕上げます。 [ads33601] Step01 逆光補正する写真を用意する 逆光で撮影したので、空以外、他すべてが暗くなっています。 Step02 シャドウ・ハイライトを表

(フォトショップ 関連記事)

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)

Photoshopでかわいいプクプクシールを作ります。 今回はレイヤースタイルを上手に組み合わせて、プクプクした立体感あるシールを作ります。イラストレーターで作成したオリジナルのイラストや、お気に入りのフォントもプクプクシールにできます。レイヤースタイルに登録すれば、いつでも使うことができます。 [ads33601] Step01 イラストを用意する 背景が透明なイラストを用意します。背景がある場合は切り抜きをして下さい。 こちらの素材は

(フォトショップ 関連記事)

フォトショップに関する記事を一覧で掲載しています。

当サイトの豊富な記事の中から最適なフォトショップに関する記事をお探し下さい。