Category: カラフル

Photoshopで写真をアンディ―ウォーホル風に加工する方法

  Photoshopで写真をアンディーウォーホル風に加工します。 選択範囲を使い、各パーツに分けて着色していきます。1つ基本の作品を作ると「色相・彩度」で、豊富なバリエーションができます。 加工する写真はナチュラルメイク、ガッツリメイクのどちらでも作る事ができます。 Step01 Photoshopで写真を開く 今回はこの写真をアンディ―ウォーホル風に加工します。背景がある場合は先に切り抜きをします。 今回はshutterstockで購入した写真を使います。 (上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。) (参考記事:Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法) Step02 写真を白黒にする レイヤーパネルから[調整レイヤー:白黒]を作成します。今回の写真は、全体が明るくナチュラルメイクなので「プリセット:ブラック最大」にします。 プリセットは写真の状態に合わせて設定してください。カスタムでも構いません。 Step03 白黒写真を2階調のイラスト風にする [調整レイヤー:2階調化]を作成し、白黒のイラストになるようにスライダーを動かします。 イラスト風にできたら、レイヤーを結合(Ctrl+Alt+E)します。後で変更できるように元のレイヤーは残しておきます。 Step04 顔の選択範囲を作成する 結合した白黒のレイヤーを選択し、「なげなわツール」で髪の毛が少し被る程度に囲み、顔を選択します。 続いて、[色域指定(Alt+S→C)]のダイアログを開き、顔の白い部分を選択します。許容量の数値は少し大きめに設定してください。 「なげなわツール」で選択しづらい場合は、クイックマスクで選択範囲を作ってください。 (参考記事:Photoshopのマスクの基本的な使い方) 顔が選択できたら[選択範囲を拡張(Alt+S→M→E)]のダイアログを開き、[2px」拡張します。 Step05 べた塗りレイヤーで顔に色を着ける 選択範囲はそのままで、べた塗りレイヤーを作成し[#f1b8d3]に設定します。これで、顔の部分を塗りつぶすことができました。 目や口など抜きの部分は塗りつぶしても構いませんが、今回は最後に調整するのでそのままにしておきます。 Step06…

Photoshopで写真の一部の色を違和感なく変更する方法

Photoshopで部分的に写真の一部の色を違和感なく変更します。 今回は素材のほんの一部分の色だけを変更します。素材を色違いで使いたい時にとても便利な加工です。「新規調整レイヤー」を使用して部分的に色を変更するので、イメージ通りの色になるまで調整を繰り返えしておこる、画像の劣化もありません。 カラーバリエーション豊富な素材を作る事ができるので、ぜひ参考にして下さい。 一部の色だけを変更をするメリット 上図のように一枚の写真で、豊富なカラーバリエーションの素材を作る事ができます。部分的に色を変えるだけで、色々な場面でおなじ素材を使いまわすことが出来ます。 Step01 Photoshopで写真を開く 今回はパーカーの色だけを変更します。グリーンからピンクに変えていきます。 今回はshutterstockで購入した写真を使います。 (上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。) Step02 色の変更をする部分に選択範囲を作成する 色の変更をする部分に選択範囲を作成します。 「クイック選択ツール」で大まかに選択したら、「境界線を調整」や「クイックマスクモード」に切り換えて選択範囲を作成します。 (参考記事:Photoshopのマスクの基本的な使い方) Step03 色を変更する [新規調整レイヤーを作成] 選択範囲を作成した状態で、[新規調整レイヤー:色相・彩度]を作成します。 ※選択範囲を作成したまま新規調整レイヤーを作成すると、レイヤーマスクも一緒に作られます。 [色相・彩度で色の変更] 「色彩の統一」にチェックを入れ、画像を確認しながら、各スライダーを少しずつ動かして色を変更します。 極端な色の変更は不自然になるので気を付けて下さい。 完成 写真の一部だけ色を変更することができました。きれいにグリーンからピンクに変わってますね。 写真の一部の色を違和感なく変更するポイント 色を変更しても違和感のない写真にするには、選択範囲をきれいに作成することが一番のポイントです。少し大変でもこの作業を丁寧にやる事で、出来上がりが大きく違ってきます。 写真を拡大すると、毛先とパーカーが重なった部分も、きれいに色の変更ができているが分かります。 素材によって色の変更が難しいものもありますが、丁寧な選択範囲を作成して素材に合わせて少しずつ調整して下さい。 (参考記事:Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法)…

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

Photoshopでテープライターで作るラベルテープ風のパーツの作り方をご紹介します。 かちゃかちゃ文字盤をまわして文字を打つ・アナログ感いっぱいのラベルライター。プラスチックテープに凸凹の文字を打刻し、エンボス加工するテープです。文字はぷっくりと盛り上がり、盛り上がった文字は白くなります。 今回は、この凸凹した文字をレイヤースタイルを使ってエンボス加工を上手に表現したり、パスを使ってちぎれたテープを作ります。webパーツとして使ったり、ちょっとした写真加工のアクセントとして使ってみて下さい。 Step01 長方形を作成し文字を入力 長方形ツールで長方形を作成し、文字を入力します。長方形[65mm×13mm]・文字[#ffffff][HGPゴシック,18pt] ※長方形の色や・フォントはお好きな種類で構いません。 Step02 レイヤースタイルで文字のエンボス加工を表現する レイヤースタイルは、作る大きさによって多少変わってきます。使うフォントやテープの色でも表現が変わってくるので、数値は目安にして下さい。 レイヤースタイル:ベベルとエンボス レイヤースタイル:ベベルとエンボスで立体感を出します。シャドウモードの色は長方形(テープの色)と同じにします。少し濃いめの色にしても構いません。 レイヤースタイル:シャドウ(内側) 描画モードの色は長方形(テープの色)と同じにします。少し濃いめの色にしても構いません。 レイヤースタイル:光彩(外側) レイヤースタイル:光彩(外側)で文字が盛り上がった部分の境目を作ります。 レイヤースタイル:ドロップシャドウ レイヤースタイル:ドロップシャドウで文字が盛り上がった部分の境目をさらに強調します。 レイヤースタイルで文字をエンボス加工にした状態 文字が盛り上がったように見え立体感がでました。 Step03 テープの枠を白くし、プラスチックテープのように見せる プラスチックテープの特長のテープの枠の白い部分を、レイヤースタイル:光彩(内側)で作ります。 レイヤースタイル:光彩(内側)でテープの枠を白くした状態 テープに細い白い枠ができました。 Step04 テープの両端をちぎれたような形にする Step01で作成した長方形のレイヤーを選択します。ペンツールを選択し、オプションバーで[パス]に切り換え、[前面シェイプを削除]にチェックします。 ペンツールで上図のようなギザギザの形を作ります。パスが重なったところがなくなり、長方形がちぎれたような形になります。 ペンツールでテープの両端をちぎれたような形にした状態…

Photoshopでグラデーションをプロっぽく仕上げる方法

をご紹介します。 グラデーションはデザインの出来を左右する重要なファクターです。素人とプロの差がでやすい部分でもあり、逆に美しいグラデーションを作成するコツをつかんでしまえばあなたのデザインは飛躍的に向上します。この機会にぜひPhotoshopのグラデーションの作り方をマスターしてみましょう! 目次 1. Photoshopで美しいグラデーションを作成する3つのコツ 2. 初心者でも簡単!グラデーションプリセットを活用 3. まとめ 1. Photoshopで美しいグラデーションを作成する3つのコツ 1. 色の差を小さくする Photoshopで美しいグラデーションを作るコツは色の差を小さくすることです。 色の差(彩度、明度)を近づけることでナチュラルで美しいグラデーションが作れます。初心者の方がグラデーションで陥りやすいミスの一つが色の差を大きくしすぎてしまう点です。 デザインによってはあえて色の差を大きくとるグラデーションもありますが、それはある部分を強調したいなどプロが意図的に設定したものです。通常のグラデーションでは色の差を小さく、”ちょっと控えめすぎるかな”と思うくらいで十分です。 2. HSBモードでH(色相)を固定する Photoshopでグラデーションを作る際に、基準となる色は決まったけれどそれに対応させる色がなかなか決まらないといった事はありませんか? そういう場合はHSBモードで対応する色を決めるのが便利です。HSBモードはH(色相)、S(彩度)、B(明度)で構成されています。 HSBモードでH(色相)を固定し、残りのS(彩度)とB(明度)を微調整することで簡単に美しいグラデーションを作ることができます。便利な方法ですのでぜひ覚えておいて下さい。 3. レイヤースタイルでグラデーションを設定 これは個人差があるかと思いますが、私はPhotoshopでグラデーションを設定する際はグラデーションツールを使わずレイヤースタイルから設定します。 レイヤースタイルはレイヤーパネルをダブルクリックすれば開きますし、一度設定したグラデーションを変更する時もパネルから簡単に変更できます。(参考:Photoshopのレイヤーの基本を説明) 2. 初心者でも簡単!グラデーションプリセットを活用 Photoshopで一からグラデーションを作るのも良いですが、グラデーションプリセットを活用すると作業が効率化されます。 プリセットとはあらかじめ作成されたグラデーションが収納されているファイルのようなものです。グラデーションプリセットは無料で配布されることが多く、プリセットを活用することで簡単に美しいグラデーションを作成することができます。 Step01…

消しゴムツールで作るランダム模様(Illustrator)

今回は消しゴムツールでランダムな模様を作る方法をご紹介します。 一つのオブジェクトに消しゴムツールでラインを引き、個別に塗・変形などができる、一つ一つ独立したオブジェクトを作ります。 パターン登録して模様作りや、散らしてふりかけ素材にも使うことができるのでとても便利だと思います。コツコツとひたすら図形をつくる手間が省けますよ。 Step01 正方形を描く 図形を描きます。今回は作りやすい正方形にしましたが、形は作りたいものでも構いません。 Step02 消しゴムツールの設定 「消しゴムツール」をダブルクリックし、上図の設定をします。数値でサイズや向きがかわりますが、今回は5ptのシンプルな正円にしました。 Step03 斜めにドラッグする 斜めに直線を引きたいので、<Shiftキー>を押しながらドラッグします。ガタガタの手書き風にさせたい方は<Shiftキー>は押さずにドラッグしてください。これを繰り返して好きなラインを引いていきます。 Step04 線を引き終わった状態 正方形にランダムに線を引きました。レイヤーを見てみるとグループ化されていない独立したオブジェクトになっているのが分かります。あとは好きに色の設定をします。 色の設定 全体を淡い色に設定しました。このまま一つの模様として使用してもいいですし、変形させたり使い方は様々です。 使用例:パターンに登録 パターン登録をします。左側はただ縮小しただけのもの、右側は縮小して、9つをランダムに向きを変え正方形に並べて登録したものです。 (参考記事:オブジェクトの形を変えずに中のパターンだけを変形する方法 (Illustrator CS5)) アレンジ1 ロゴにパターンとして使用したものです。 アレンジ2 ロゴの背景として使用したものです。ロゴの中に使用した時とだいぶ感じが変わりましたね。 アレンジ3 背景の細いラインとして使用しました。 こんな風にパターンでも何種類ものデザインができますね。今回はパターンのみの使用例しかありませんが、ほかにも使い方は様々です。 変形させたり、デジタルコラージュとしてふりかけ素材としてもいいですね。いろいろアレンジして使ってみてくだい。…

Photoshopでランダムなストライプ背景を作るTips

今回はPhotoshopでランダムなストライプ背景を簡単に作る方法をご紹介します。 細かくストライプの色は指定できませんが、ちょっとしたアクセントには便利な小技ではないでしょうか。 出来上がりのストライプも毎回変わるので、色々な背景のパターンを作る事が出来ます。 Step01 描画色の設定 ストライプの背景を作る前に描画色の設定をします。 Photoshopで[800px×600px]のサイズのドキュメントを用意し、上図のカラーで塗りつぶしをします。 塗りつぶしの状態 描画色[#F5FF51]で塗りつぶしました。 Step02 ストライプの作成①ノイズを加える さていよいよPhotoshopでストライプの背景を作っていきます。 [フィルター→ノイズ→ノイズを加える]で上図の設定をします。 ノイズの状態 全体に黄色味がかったノイズが加わりました。 今後、このノイズを点描し、スクロールしてストライプを作っていきます。 Step03 ストライプの作成②点描の設定 Photoshopの[フィルター→ピクセレート→点描]で上図の設定をします。 点描の状態 背景色[#00F2CD]をベースにカラフルな点がたくさんできました。 最後にこの点をスクロールしてストライプが出来上がります。 Step04 ストライプの作成③スクロールの設定 Photoshopの[フィルター→その他→スクロール]で上図の設定をします。 ドキュメントの横のサイズが800pixelなので、水平方向を-800にします。プラスかマイナスはお好みで設定して下さい。 ストライプ背景 完成! Photoshopでストライプの背景が出来ました! こちらは水平方向[-800pixel]に設定してできたストライプです。…

Photoshopでカラフルなドット背景を作る方法

Photoshopでカラフルなドット背景の作り方をご紹介します。キュートなカラーなので、背景だけでなくデジタルコラージュにも使えますし、部分的に切り抜けばちょっとしたアクセントにもなりますね。 ドットはPhotoshopのカラーハーフトーンという効果を使えば簡単に作れます。作り方を丁寧に解説していますので、ぜひご覧ください! Step01 Photoshopでアートボード作成 Photoshopを開き、800×600pxのアートボードを作成します。 Step02 グラデーションの設定 Photoshopでグラデーションを設定します。 [描画:白色・背景:黒色]を設定し、「線形グラデーション」を選択したら、Shiftキーを押しながら<アートボード>から上下とも少しはみ出してドラッグします。上下50pxくらいをはみ出す目安としてみて下さい。 グラデーションで背景を塗りつぶす グラデーションで塗りつぶした状態です。 (関連記事:Photoshopでグラデーションをプロっぽく仕上げる方法) Step03 カラーハーフトーンの設定 いよいよPhotoshopでドットを作成したいと思います。ドットの作成には「カラーハーフトーン」を使います。 [フィルター→ピクセレート→カラーハーフトーン]で上図のように設定します。 カラーハーフトーンを適用しドットを作る 「カラーハーフトーン」を適用しました。グラデーションの色の薄い方がドットが小さく、濃い方が大きいドットになります。 Step04 グラデーションで塗りつぶす Photoshopで新規のグラデーションレイヤーを作り、上図のように設定し、[描画モード:スクリーン]に変えます。 グラデーションで塗りつぶした状態 [描画モード:通常]でグラデーションで塗りつぶした状態です。 描画モード:スクリーンにすると・・・ [描画モード:スクリーン]にするとグラデーションがドットに変わりました。 Step05 新規レイヤーをグラデーションで塗りつぶす 新規レイヤーを作り、Step02と同じ様にグラデーションで塗りつぶしまが、今度は下から上にShiftキーを押しながらドラッグします。 Step06 カラーハーフトーンを適用しドットを作る…