Category: ソフト

イラストレーター 塗りつぶしツールの詳しい使い方(CS4以降)

イラストレーターの塗りつぶしツールについてご紹介します。 塗りつぶしツールはペンツールと違い、実際のペンのような感覚で線や絵を描く事ができます。ペイントソフトのようにフリーハンドの線や絵が描けるので、手書き風のイラストを作るのに適しています。 また塗りブラシツールならではの便利な機能もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 目次 1. 塗りブラシツールとは? 2. 塗りブラシツールの使い方 3. 塗りブラシツールの便利な機能 4. 塗りブラシツールで描いたオブジェクトを編集する方法 5. 塗りブラシツールの細かい設定方法(オプション設定) 1. 塗りブラシツールとは? 「塗りブラシツール」とは、キャンパス上でドラッグした跡が、オブジェクトの形になるツールです。 そして塗りブラシツールは他の描画ツールとは違った特徴があります。「塗りブラシツール」は輪郭がパスで囲まれ、塗りに色が設定されるクローズドパスなります。一方、「ペンツールやブラシツール」は、一本のパスに線に色が設定されたオープンパスになります。 また塗りブラシツールは同じ色で塗り重ねると、重なった部分が結合して一つのオブジェクトになります。なので、バラバラのオブジェクトを一描きで繋げることもできます。 ※塗りブラシオプションで結合できないようにすることもできます。 2. 塗りブラシツールの使い方 「塗りブラシツール」を選択し、線の色を設定します。(線の色を設定してない場合は、塗りの色が線の色に切り替わります) [ブラシライブラリーメニュー→アート→アートカリグラフィ]から好きなブラシを選択します。ブラシの大きさはショートカットキーを使用するのが便利です。Ctrl+[(ブラシサイズを小さくする) Ctrl+](ブラシサイズを大きくする) アートボード上をドラッグして線や図などを描きます。描き終えると、線に設定した色が塗りに切り換わったオブジェクトができます。 ドラッグするだけでなく、クリックするたびに新しいオブジェクトができます。 ※ブラシの種類を特に指定しない場合、自動的に[3pt.丸筆]になります。使用できるブラシの種類は[丸筆ブラシ]と[アートカリグラフィ]または[塗りブラシオプション]でブラシを設定します。 3. 塗りブラシツールの便利な機能…

「長方形グリッドツール」でサクッと方眼紙のパターンを作る方法(イラストレーター)

イラストレーターの「長方形グリッドツール」で方眼紙のパターンを作ります。 方眼紙のパターンは線を複製して作れますが、「長方形グリッドツール」ではもっと簡単に作る事ができます。数値の入力だけで思い通りのマス目の数や間隔を作れるので、線を複製するより楽かと思います。 方眼紙のイラストの作り方もご紹介していますので、ぜひチャレンジしてしてみて下さい。 Step01 長方形グリッドツールでマス目が入った正方形を作成する 「長方形グリッドツール」をダブルクリックして、ダイアログを設定、外枠に長方形を使用に☑を入れてください。例として、50pxの正方形にタテ・ヨコに9本の線が入るようにしました。 これで、正方形に5px間隔に線(グリッド)が入ったオブジェクトができます。 Step02 グリッドのオブジェクトの線の色・幅を設定する まずは、すべての線の色を[#84c6ed]に設定します。続いて線幅を変更、外枠と中心のタテ・ヨコ(十字)の線を[0.4pt]、その他は[0.25pt]にします。 Step03 グリッドのオブジェクトを方眼紙のパターンとして登録する レイヤーパネルを使います。グループ化されたレイヤーを開き、一番下の正方形をコピーします。コピー元(最背面)の正方形を[塗り・線:なし]に設定し、パターンのガイドにします。 続いてオブジェクトをすべて選択し、スウォッチパネルにドラッグして方眼紙のパターンとして登録します。 これで方眼紙のパターンは完成です。あとは、オブジェクトに方眼紙のパターンを適用します。 Step04 方眼紙のパターンをオブジェクトに適用する 「長方形ツール」で四角形を作成し、塗りに先ほどの方眼紙のパターンを適用します。太い線と細い線が崩れずに、しっかり方眼紙のパターンになりました。 あとは方眼紙としては中心がずれているので、パターンの位置を調整し方眼紙らしく背景を作ります。 Step05 パターンの位置を調整する パターンの中心がズレてるので位置を調整します。 移動[Shift+Ctrl+M]でダイアログを開き、パターンの変形に☑を入れます。プレビューを見ながらマス目がちょうどいい位置にくるように調整します。 (参考記事:オブジェクトの形を変えずに中のパターンだけを変形する方法 (Illustrator CS5)) パターンの位置の調整は、個別に変形や好きな形に切り抜くクリッピングマスクを使ってもいいと思います。 Step06 方眼紙に見えるように背景を作成する 方眼紙に見えるように、オブジェクトの外側に縁を作ります。…

白く撮れた桜をきれいなピンク色に補正する方法(Photoshop)

Photoshopで白く撮れた桜をきれいなピンク色に補正します。 桜はやっと咲いたと思った途端、あっという間に満開ですぐに散り始めてしまいますね。桜をカメラに収めると、あのきれいなピンク色がなかなか出にくい場合があります。 今回はそんなきれいな桜をよりきれいなピンク色に補正して、春らしい温かみのある桜の写真にしたいと思います。 Step01 Photoshopで写真を開く Photoshopで写真を開きます。 実際の桜より色が白く撮れています。お花の中心やガクの部分には赤みがありますが、もう少しお花全体に自然な赤みをプラスします。 Step02 花びらのキズやゴミを取り除く 色の補正をする前に花びらにキズや汚れがある場合は修正しておきます。 よく見ると花びらにキズや枯れた部分、ほこりやゴミが写っています。これをコピースタンプなどで消してきれいにします。 (参考記事:写真の不要な部分を消す方法(Photoshop CS5)) Step03 選択範囲を作成する [選択範囲→色域指定]でダイアログを表示し「サンプルに追加」のスポイトを選択します。プレビューを見ながらスポイトで、花びらを数ヶ所クリックし選択範囲を作ります。 この時作成する選択範囲は、ある程度桜の花びらが選択されていればOKです。 選択範囲のプレビューはグレースケールにしていますが、一番作業しやすい設定で行ってください。 選択範囲が作成されました。所々不要な部分も選択されていますが、後で修正するのでこの状態で次に進みます。 Step04 レンズフィルターで桜に色味を加える [新規調整レイヤー:レンズフィルター]を作成し「フィルター:マゼンタ」・「適用量:10%」に設定します。 適用量は最大でも15%くらいまでになります。あまり濃くしすぎると不自然な色になってしまいます。 Step05 マスクの修正 桜の花以外に赤みがかかっている部分、赤みを加えたい部分にマスクを塗り分けます。 レンズフィルターのマスクサムネイルをAlt+クリックし、グレースケールマスク表示に切り換えます。 ※元の表示に切り替えるには、もう一度マスクサムネイルをAlt+クリック、またはレイヤーサムネイルをクリックします。 先に赤みを加えない、桜の花以外のヶ所を修正します。「ブラシツール」を選択し[描画色:黒]でマスクをする部分を黒く塗ります。 続いて[描画色:白]に切り換え、赤みを加える桜の花やガクの部分を白く塗ります。…

クリップでメモ用紙を挟むイラストの作り方(イラストレーター)

クリップでメモ用紙を挟むイラストを作ります。 今回はクリップでメモ用紙を挟んでいるように見せる方法を2つご紹介します。1つ目はクリッピングマスク、2つ目はクリップのイラストを分割して使う方法です。 どちらの方法もきちんとクリップがメモ用紙を挟んでいるように見えます。クリップだけでなく他のイラストにも応用として使えるので、ぜひ覚えてほしいワザです。 目次 1. クリッピングマスクを使用する方法 2. クリップを2つのパーツに分割して使用する方法 1. クリッピングマスクを使用する方法 Step01 メモ用紙の上にクリップのイラストを配置する クリップとメモ用紙のイラストを用意します。 メモ用紙の上にクリップのイラストを配置します。クリップのイラストはブレンド拡張する前のモノを使用しています。 クリップのイラスト:イラストレーター クリップのイラストの描き方 メモ用紙のイラスト:コルクボードのイラストデザイン(イラストレーター) Step02 メモ用紙からクリップを見せる部分をパスで囲む 「ペンツール」を選択します。上図のようにメモ用紙からクリップを見せる部分をパスで囲みます。 Step03 クリッピングマスクを作成する クリップを囲んだパスとクリップを選択し、Ctrl+7でクリッピングマスクを作成します。 パスで囲んだ部分が見えるようになるので、クリップがメモ用紙を挟んでいるように見えるようになりました。 (参考記事:イラストレーターのクリッピングマスクの使い方) Step04 マスクを調整する 上図ではクリップが見えるはずの部分が見えなくなっています。マスクの形を調整してクリップを見えるようにします。 「ダイレクト選択ツール」でマスクのアンカーポイントを選択して、クリップが見えるように位置を調整します。クリップが見えてしまっている部分があれば同じよう調整します。 完成…

画像を直接クリックして、目的のレイヤーを素早く選択する方法(Photoshop)

今回は目的のレイヤーをカンパス上で直接クリックして、選択する方法をいくつかご紹介します。 レイヤーの数が増えてくると、レイヤーパネルから目的のレイヤーを探すのはなかなか大変です。作業効率も下がるので、スムーズに選択したいですね。 以下の方法を使用すると、画像を直接みて選択できるので、効率的に作業ができます。 目次 1. 自動選択を使用する方法 2. Ctrlキーを使用する方法 3. 複数の重なったレイヤーの中から目的のレイヤーを選択する方法 1. 自動選択を使用する方法 ツールパネルから「移動ツール」を選択し、オプションバーの「自動選択にチェック」を付けます。カンパス上で選択したい画像をクリックすると、目的のレイヤーが選択できます。 自動選択には、レイヤーとグループの2つから選ぶことができます。ポップアップメニューからどちらかを選択してください。 ※自動選択はとても便利な機能ですが、知らない間に他のレイヤーを操作している場合があるので注意してください。 2. Ctrlキーを使用する方法 Ctrlキーを押しながら目的の画像をクリックすると、レイヤーを選択できます。他のツールを使用中でも、[Ctrl+クリック]で選択する事ができるので、「移動ツール」に切り換える手間が省けます。 自動選択と違って、知らずに誤って他のレイヤーを選択することがありません。 3. 複数の重なったレイヤーの中から目的のレイヤーを選択する 自動選択や[Ctlr+クリック]だけでは、クリックした箇所の最前面のレイヤーしか選択できません。ですが最前面より下のレイヤーを選択する方法があります。 目的のレイヤーがある位置で「右クリック」をすると、コンテキストメニューが表示されます。クリックした箇所にあるすべてのレイヤー名が表示されるので、この中から目的のレイヤーを選択します。 ※「移動ツール」を使用している時は、直接画像の上で右クリックをします。他のツールを使用中は、画像の上で[Ctrl+右クリック]をします。 この方法なら、重なりすぎて選択しにくいレイヤーもサクッと選択できますね。 この記事を見た方は他にこんな記事も見ています

イラストレーター クリップのイラストの描き方

  イラストレーターでクリップのイラストの描き方をご紹介します。 文房具のパーツで重宝する、オーソドックスな形のクリップを作ります。クリップの形は、カーブと直線の組み合せでできています。簡単そうに見えますが、思っていたより難しいので、作るのをあきらめた方もいる思います。 今回は3つのパーツでクリップを作ります。立体感はブレンドツールでグラデーションを作って表現します。 Step01 3種類の角丸長方形を作成する 「角丸長方形ツール」を選択します。[38px×130px 19px]・[32px×106px 16px]・[26px×86px 13px]の、3つの角丸長方形を作成します。 Step02 アンカーポイントを削除する 上図のように「ダイレクト選択ツール」でアンカーポイントを選択し削除します。 Step03 3つのオブジェクトをつなげる 上図のように3つのオブジェクトを組み合わせます。パーツをつなげ終わったら、拡大表示をしてアンカーポイントがぴったりくっついているか確認します。 続いて[オブジェクトをすべて選択→パスを連結(Ctrl+J)]をします。すべてのパスがつながって、ひとつのオブジェクトになりました。これでクリップの形が完成です。 イラストレーターでパスを結合・連結する方法 Step04 オブジェクトをコピーして線の設定をする クリップのオブジェクトを[Ctrl+C→Ctlr+F]で前面にペースト、2種類の線を設定をします。 前面のクリップのオブジェクト:[線幅:0.5px]・[線端:丸型線端]・[線の色:ffffff] 背面のクリップのオブジェクト:[線幅:4px]・[線端:丸型線端]・[線の色:ac5355] Step05 ブレンドツールでグラデーションを作る ブレンドツールをダブルクリックして、ブレンドオプションを[ステップ数:10]に設定します。2つのクリップのオブジェクトを選択し、Alt+Ctrl+Bをしてブレンドを作成します。 イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方 クリップの完成 クリップのイラストの完成です。…

Photoshopで草花の素材を並べた華やかな飾り文字を作る方法

Photoshopで草花の素材を並べて飾り文字を作ります。 草花の飾り文字を使用すると、インパクトがあるのでデザイン全体がいっそう華やかになりますね。 テーマに合わた素材を使うことで事で、デザインを華やかにするだけでなく、伝えたい内容がより伝わりやすくなります。 一見難しい飾り文字ですが、入力した文字を目安に素材を配置するので、比較的作りやすいと思います。 Step01 草花の素材を用意する 切り抜いた草花の素材を用意します。素材を組み合わせて文字を作るので、なるべくたくさんの種類を用意します。素材の数がそろわない場合は、色調補正で素材の色を変えて使用してください。 こちらの素材はかわいい素材 花とストロベリーを使用しています。 (上記素材は同書籍を購入して使用しています。こちらの素材を使用する際は必ず同書籍を購入し使用して下さい。 背景のある素材は写真の背景にもよりますが、「マジック消しゴムツール」や「パス」などで切り抜きます。 Photoshopで背景を透明にする方法 画像をパスで切り抜く方法(Photoshop) Step02 素材の配置の目安になる文字を入力 文字を入力します。作業中に文字レイヤーが動かないようロックをします。 ※文字は素材を配置するガイドの役割をします。作りたい飾り文字のイメージに合うフォントを使用して下さい。 Step03 入力した文字を目安に素材を配置する 切り抜いた素材を文字に合わせて配置します。素材は使いまわせるようにコピーして使います。 文字に合わせてサイズ・角度を調整したり、必要な部分を切り取って配置します。 時々、文字レイヤーを非表示にして、配置した素材に隙間がないか確認してください。 素材が増えても効率よく作業するコツ 素材が増えると、その分レイヤーも多くなるので扱いにくくなります。配置した素材を選択しやすいように、アルファベット内でも各パーツに分けてフォルダーにまとめます。 ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、こうしたひと手間が作業効率をアップさせます。 素材をアルファベットにそって配置した状態 文字に沿って、バランスよく素材を配置することができました。あとは残りの文字にも同じように素材を配置します。 Step04 すべてのアルファベットに素材を配置する 残りのアルファベットにも素材を配置します。分かりやすいように一文字ずつフォルダーにまとめます。…

イラストレーターのパスのオフセットの使い方

今回はイラストレーターから「パスのオフセット」の使い方をご紹介します。 「パスのオフセット」と名前だけを聞くとよく分からない機能に感じますが、様々な場面で使えるので、覚えとおくととても便利な機能です。 目次 1. パスのオフセットとは? 2. パスのオフセットの使い方 3. 角の形状と比率について 4.「パスのオフセット」と「拡大・縮小ツール」の違い 5.パスのオフセットを使用したデザイン例 1.パスのオフセットとは? パスのオフセットとは、選択したパスを基準に、設定した値の位置(距離)に新しくパスを作る機能です。 上図は選択したパスから、20px離れた位置に新しいパスを作成した状態です。このように、元のパスの外側や内側に大きさ違いの同じ形状のパスを作ります。 パスのオフセットでは、元のパスより大きくしたり小さくしたパスを作成しますが、「拡大・縮小ツール」とは異なります。 2. パスのオフセットの使い方 [パスのオフセットの作成方法] オブジェクト(パス)を選択し[オブジェクト→パス→パスのオフセット]で、ダイアログの値を設定します。 [ダイアログの設定] 設定する値は、選択したパスからどれだけ離れた位置に、新しいパスを作るかになります。 設定した値が「+」の場合は選択したパスより外側にパスが作られます。「-」の場合は選択したパスより内側にパスが作られます。 [パスの重り順] オフセットで作られたパスは、値が「+」の場合は選択したパスより背面に、値が「-」の場合は選択したパスより前面に作られます。 3. 角の形状と比率について パスのオフセットで作成したパスの角は、元のパスの角と違う形状にすることができます。 [角の形状] オフセットで作成する角の形状は3種類あります。 マイター:選択したパス(オブジェクト)と、同じ角の形状のパスが作成されます。…

Photoshopで暗い雪景色を明るく補正する方法

Photoshopで暗く撮れた雪景色の写真を明るく補正します。 雪景色はホワイトバランスをAUTOで撮影すると、白い雪がグレーがかって全体に暗く撮れてしまいます。せっかくの素晴らしい白銀の世界も台無しの写真になってしまいますね。 今回はこの暗くなった雪景色を白とびしないように明るく補正します。 Step01 Photoshopで写真を開く Photoshopで写真を開きます。 雪景色が全体的に薄暗くなっています。雪の写真の補正は明るくしすぎると、白とびしたりただの白い塊になってしまうので、プレビューを見ながらやりすぎに注意して少しずつ調整します。 今回はshutterstockで購入した写真を使います。 (上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。) Step02 トーンカーブで画像の明るさを調整する [ハイライト] レイヤーパネルから[新規調整レイヤー:トーンカーブ]を作成し、トーンカーブのパネルを開きます。ハイライト部分のカーブを引き上げ全体に明るくします。 [シャドウ] 全体が明るいだけだと、のっぺりした写真になってしまいます。シャドウ部分のカーブを引き下げ、黒い部分をより暗くします。 [中間色] 中間部分のカーブを引き下げます。暗い部分をもう少し暗くして、メリハリを作って奥行きを出します。 シャドウ部分を濃くしすぎると、雪が少ない画像になってしまうので、プレビューで様子を見ながら調整します。 トーンカーブで調整した状態です。全体が明るくなり、暗い部分はしっかり暗くなっています。一度に一気に明るくしすぎないように、様子を見ながら各設定の調整を繰り返してみて下さい。 Step03 ハイパスフィルターで輪郭を出す 写真全体の輪郭を出して、もう少しすっきりとした画像にします。 画像のレイヤーをコピーし、[フィルター→その他→ハイパス]でプレビューを見ながら、輪郭が見える状態にします。 [描画モード:オーバーレイ]・[不透明度:69%]に変更します。 Step04 色かぶりを補正する 少し青みがかっているので、色かぶりの補正をします。レイヤーパネルから[新規調整レイヤー:べた塗り]を作成しカラーピッカーを表示します。 青みを抑えるオレンジ系の色を設定し[描画モード:カラー]・[不透明度:5%]に変更します。今回は[#f19149]を使用しました。 少し赤みを加えたので、色かぶりが補正されました。 (関連記事:色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop))…

失敗した暗い夜景をお手軽に明るく補正する方法 Photoshop

Photoshopで暗く撮れた夜景の写真を明かるく補正します。 夜景を綺麗に撮影する時、カメラを固定したりIS0感度の設定をしたりと、いろいろとやってみたのに残念な結果なってしまうことがあります。暗すぎたり、明るすぎたりと思ったような夜景の写真を撮るのは難しいですね。 今回は明るさが足りず地味な夜景の写真を明るく補正します。 Step01 Photoshopで写真を開く Photoshopで写真を開きます。 ビルの明かりなどライティングされている所は明るく撮れていますが、全体的に暗い夜景になっています。この夜景の写真を白とびしないように、全体に明るく補正します。 (上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。) Deymos.HR / shutterstock Step02 スマートオブジェクトに変換する 画像を劣化させないために、画像をスマートオブジェクトに変換します。[レイヤーパネル→メニュー→スマートオブジェクトに変換]を選択します。 Step03 シャドウ・ハイライトで補正する [イメージ→色調補正→シャドウ・ハイライト]でダイアログを開きます。プレビュー画面を見ながら、スライダーを動かして調整します。 「シャドウを調整」 「シャドウ」で暗い部分を明るく補正します。白とびしたり、ノイズがですぎないようにプレビューで様子を見ながら少しずつ調整します。 「ハイライトを調整」 「ハイライト」で明るい部分を暗く補正します。明るすぎる部分を少し押さえるために調整します。 Step04 補正の前後 夜景が全体に明るくなりました。遠くの方の夜景もより分かりやすくなっています。補正の前後を見比べると、暗いところは明るく、明るいところは白とびしていません。 完成 暗い夜景を赤るく補正することができました。 「シャドウ・ハイライト」では、明るすぎる部分を抑える事ができるので、明暗の調整にとても重宝します。各設定は写真によって違うのでプレビューを見ながら少しずつ調整して下さい。 ※「シャドウ・ハイライト」は詳細設定もできるので、より細かい調整をする場合は詳細オプションを使用して下さい。 Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう、でも「シャドウ・ハイライト」を使用しているのでこちらも参考にして下さい。 この記事を見た方は他にこんな記事も見ています