Category: イラスト

Photoshopで写真をアンディ―ウォーホル風に加工する方法

  Photoshopで写真をアンディーウォーホル風に加工します。 選択範囲を使い、各パーツに分けて着色していきます。1つ基本の作品を作ると「色相・彩度」で、豊富なバリエーションができます。 加工する写真はナチュラルメイク、ガッツリメイクのどちらでも作る事ができます。 Step01 Photoshopで写真を開く 今回はこの写真をアンディ―ウォーホル風に加工します。背景がある場合は先に切り抜きをします。 今回はshutterstockで購入した写真を使います。 (上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。) (参考記事:Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法) Step02 写真を白黒にする レイヤーパネルから[調整レイヤー:白黒]を作成します。今回の写真は、全体が明るくナチュラルメイクなので「プリセット:ブラック最大」にします。 プリセットは写真の状態に合わせて設定してください。カスタムでも構いません。 Step03 白黒写真を2階調のイラスト風にする [調整レイヤー:2階調化]を作成し、白黒のイラストになるようにスライダーを動かします。 イラスト風にできたら、レイヤーを結合(Ctrl+Alt+E)します。後で変更できるように元のレイヤーは残しておきます。 Step04 顔の選択範囲を作成する 結合した白黒のレイヤーを選択し、「なげなわツール」で髪の毛が少し被る程度に囲み、顔を選択します。 続いて、[色域指定(Alt+S→C)]のダイアログを開き、顔の白い部分を選択します。許容量の数値は少し大きめに設定してください。 「なげなわツール」で選択しづらい場合は、クイックマスクで選択範囲を作ってください。 (参考記事:Photoshopのマスクの基本的な使い方) 顔が選択できたら[選択範囲を拡張(Alt+S→M→E)]のダイアログを開き、[2px」拡張します。 Step05 べた塗りレイヤーで顔に色を着ける 選択範囲はそのままで、べた塗りレイヤーを作成し[#f1b8d3]に設定します。これで、顔の部分を塗りつぶすことができました。 目や口など抜きの部分は塗りつぶしても構いませんが、今回は最後に調整するのでそのままにしておきます。 Step06…

クリップでメモ用紙を挟むイラストの作り方(イラストレーター)

クリップでメモ用紙を挟むイラストを作ります。 今回はクリップでメモ用紙を挟んでいるように見せる方法を2つご紹介します。1つ目はクリッピングマスク、2つ目はクリップのイラストを分割して使う方法です。 どちらの方法もきちんとクリップがメモ用紙を挟んでいるように見えます。クリップだけでなく他のイラストにも応用として使えるので、ぜひ覚えてほしいワザです。 目次 1. クリッピングマスクを使用する方法 2. クリップを2つのパーツに分割して使用する方法 1. クリッピングマスクを使用する方法 Step01 メモ用紙の上にクリップのイラストを配置する クリップとメモ用紙のイラストを用意します。 メモ用紙の上にクリップのイラストを配置します。クリップのイラストはブレンド拡張する前のモノを使用しています。 クリップのイラスト:イラストレーター クリップのイラストの描き方 メモ用紙のイラスト:コルクボードのイラストデザイン(イラストレーター) Step02 メモ用紙からクリップを見せる部分をパスで囲む 「ペンツール」を選択します。上図のようにメモ用紙からクリップを見せる部分をパスで囲みます。 Step03 クリッピングマスクを作成する クリップを囲んだパスとクリップを選択し、Ctrl+7でクリッピングマスクを作成します。 パスで囲んだ部分が見えるようになるので、クリップがメモ用紙を挟んでいるように見えるようになりました。 (参考記事:イラストレーターのクリッピングマスクの使い方) Step04 マスクを調整する 上図ではクリップが見えるはずの部分が見えなくなっています。マスクの形を調整してクリップを見えるようにします。 「ダイレクト選択ツール」でマスクのアンカーポイントを選択して、クリップが見えるように位置を調整します。クリップが見えてしまっている部分があれば同じよう調整します。 完成…

イラストレーター クリップのイラストの描き方

  イラストレーターでクリップのイラストの描き方をご紹介します。 文房具のパーツで重宝する、オーソドックスな形のクリップを作ります。クリップの形は、カーブと直線の組み合せでできています。簡単そうに見えますが、思っていたより難しいので、作るのをあきらめた方もいる思います。 今回は3つのパーツでクリップを作ります。立体感はブレンドツールでグラデーションを作って表現します。 Step01 3種類の角丸長方形を作成する 「角丸長方形ツール」を選択します。[38px×130px 19px]・[32px×106px 16px]・[26px×86px 13px]の、3つの角丸長方形を作成します。 Step02 アンカーポイントを削除する 上図のように「ダイレクト選択ツール」でアンカーポイントを選択し削除します。 Step03 3つのオブジェクトをつなげる 上図のように3つのオブジェクトを組み合わせます。パーツをつなげ終わったら、拡大表示をしてアンカーポイントがぴったりくっついているか確認します。 続いて[オブジェクトをすべて選択→パスを連結(Ctrl+J)]をします。すべてのパスがつながって、ひとつのオブジェクトになりました。これでクリップの形が完成です。 イラストレーターでパスを結合・連結する方法 Step04 オブジェクトをコピーして線の設定をする クリップのオブジェクトを[Ctrl+C→Ctlr+F]で前面にペースト、2種類の線を設定をします。 前面のクリップのオブジェクト:[線幅:0.5px]・[線端:丸型線端]・[線の色:ffffff] 背面のクリップのオブジェクト:[線幅:4px]・[線端:丸型線端]・[線の色:ac5355] Step05 ブレンドツールでグラデーションを作る ブレンドツールをダブルクリックして、ブレンドオプションを[ステップ数:10]に設定します。2つのクリップのオブジェクトを選択し、Alt+Ctrl+Bをしてブレンドを作成します。 イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方 クリップの完成 クリップのイラストの完成です。…

和の素材 雪輪文様のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターで雪輪文様のイラストを作ります。 雪輪文様は年賀状や寒中見舞いなどで使用することが多い素材です。背景にちょっとした飾りとして使用したり、雪輪文様の中にイラストを入れフレームとしても使えます。 作り方は簡単で「ペンツール」を使わずに「回転ツール」や「パスファインダー」を使って作ることができます。 Step01 カプセル状のオブジェクト作成し回転コピーする 「角丸長方形ツール」で、細長いカプセル状のオブジェクトを作成します。 「回転ツール」を選択して、ダイアログで[角度:20°]に設定しコピーをします。続いてCtrl+Dを7回して回転コピーを繰り返し、オブジェクトを一周させます。これで菊の花のような形になります。 (参考記事:イラストレーターの回転ツールの使い方 ) Step02 オブジェクトを合体し角度を変える 菊のお花のような形になったオブジェクトを選択し[パスファインダー→合体]をします。モコモコしたの形のオブジェクトができます。続いて「回転ツール」で[角度:10°]で回転します。 (参考記事:イラストレーターのパスファインダーを今日から使いこなそう) Step03 小さい正円を大きいオブジェクトに重ねる 「楕円形ツール」で[20px]の正円を作成します。 モコモコにしたオブジェクトと小さい正円のタテの軸を揃えます。小さい正円の中心を、モコモコのオブジェクトのくぼみより、少し下にずらして配置します。 Step04 小さい正円を回転ツールでコピーする 小さいオブジェクトを選択した状態で「回転ツール」を選択します。モコモコのオブジェクトの中心を軸にして[60°]ずつの回転コピーを5回繰り返します。 Step05 大きいオブジェクトに6つの切れ込みを作る 雪輪文様の特長である6つの切れ込みを作ります。 すべてのオブジェクトを選択し[パスファインダー→前面オブジェクトで型抜き]をします。小さいオブジェクトが重なっていた、すべての部分が型抜きされます。 これで雪輪文様のベースができました。あとは使用する目的に合わせて線を設定します。 Step06 雪輪文様に線を設定する 今回は例として2重線の雪輪文様にします。「線パネル」で線を設定します。型抜きした切り込みの角に、丸みをつけると柔らかな雰囲気になります。 線の形状や太さは任意で設定して下さい。 Step07 内側にもう一つ雪輪文様を作成する…

イラストを布のシワに合わせて変形する方法(Photoshop)

Photoshopでイラストを布のシワに合わせて変形します。 イラストに布のシワや質感などを合成するには、簡単な方法として[描画モード:乗算]があります。ただこれでは、イラストに布のシワ模様が入っただけになりますね。 今回はイラストを布のシワに合わせて変形し、よりリアルな合成方法をご紹介します。 Step01 2つの素材のサイズを同じにする 今回は布のシワに合わせて国旗のイラストを変形します。 イラストと布の素材を同じサイズにします。サイズ変更の方法は素材の状態に合わせて行ってください。今回はイラストのサイズに合わせて布を縮小しました。トリミングでサイズを揃えても構いません。 (参考記事:Photoshopのトリミングを詳しく解説) 今回はshutterstockで購入した写真を使います。 (上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。) Step02 シワのある布の色味を調整し保存する 今回使用する布は初めからグレー系ですが、カラー素材を使用する場合は彩度を下げてください。 シワをより際立たせるため、少し暗めに調整します。[イメージ→色調補正→レベル補正]で、プレビューを見ながら調整して下さい。 この調整した布素材は最後の仕上げで使用します。ここで一旦「.jepg」形式で保存してください。閉じずにそのまま次の工程に進みます。 ※「.jpeg」保存せずに、ヒストリーパネルで新規のファイルを作成して開いておいても構いません。 Step03 シワのある布にぼかしフィルターを適用する [フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)]で、布全体が滑らかに見えるように設定します。 ぼかしフィルターで布の表面が滑らかになりました。 ここで布のテクスチャが荒いと、合成した時にイラストがギザギザしてしまいます。 Step04 布の素材を「.psd」形式で保存する ぼかした布の素材を「.psd」形式で保存します。保存先・名前は分かりやいところであればどこでも構いません。保存したらこのファイルはここで閉じます。 Step05 布のシワに合わせてイラストを変形する イラストのファイルを開きます。 [フィルター→変形→置き換え]でダイアログを設定したら、先ほど「.psd」形式で保存した布のファイルを選択します。 イラストが布のシワに合わせて歪みます。 こちらもチェック!:文字を紙のシワのでこぼこに合わせる方法(Photoshop)…

イラストレーターで竹のイラストの描き方

イラストレーターで竹のイラストを描きます。 お正月や和の縁起物のイラストに使える竹のイラストを作ります。 「松竹梅」で組み合わせる梅と松のイラストは以前ご紹介しましたので、今回は竹のイラストになります。 竹のイラストは挿絵として使うだけでなく、ブラシに登録するのでフレームとして使うこともできます。 Step01 楕円ツールで竹の葉を作る 大きい楕円[15px×44px][線幅:1pt]・小さい楕円[2px×34px]を作成したら、2つのオブジェクトの上下の端を「アンカーポイントの切り換えツール」で尖らせます。 2つのオブジェクトを重ね、中心と上端を揃えます。 Step02 竹の葉を回転ツールで左右にコピーする 「回転ツール」を選択し、オブジェクトの一番上をAlt+クリックし、[左:40°][右:-40°]でコピーします。真ん中のオブジェクトを選択し最前面に移動します。 Step03 竹を作る [長方形:60px×14px]・[角丸長方形:4px×18px角丸3px」で2つのオブジェクトを作り、タテヨコの中心を揃え重ねます。 Step04 竹をブラシに登録する 竹を「ブラシパネル」にドラッグし、パターンブラシに登録します。 Step05 線に竹のブラシを適用する 「直線ツール」で線を描き、竹のブラシを適用します。するとまっすぐ伸びた竹ができます。これに竹の葉をバランスよく配置します。 円形の竹のフレームを作るには、「楕円ツール」で正円を描き竹のブラシを適用します。 大きさ違いの竹のフレームを組み合わせる場合は、「パスのオフセット」を使います。今回は内側に一回り小さい竹のフレームを作りました。あとはこのフレームに竹の葉のイラストを配置します。 (関連記事:パステルカラーのフレームを可愛くイラストレーターで作る) 竹のイラストの完成 竹のイラストが完成しました。 今回はイラストとして使うだけでなく、和の素材のフレームとしても使うことができますね。 ‏ 竹のフレームに梅と松のイラストと組み合わせたり、背景として使用したりと使い方は様々です。 使用する目的に合わせて、各イラストの色を変更して、より和の素材の魅力をアップさせてみて下さい。 こちらもチェック!:梅のイラストの作り方(Illusutrator)、イラストレーター…

イラストレーターでクリスマスリースの描き方

イラストレターでクリスマスリースを描きます。 モールのような葉をグルグルと巻いたリースを作ります。作り方はヤシの葉状のオブジェクトをブラシに登録して作ります。細長い葉にふわっとした質感をプラスするので、配置するイラストによってシンプルなものやゴージャスなクリスマスリースなどを作ることができます。 Step01 楕円ツールで針のようなオブジェクトを作る 「楕円ツール」で横長の細い楕円を作ります。左側のアンカーポイントを切り換え、針のようなオブジェクトを作ります。 オブジェクトを作り終えたら「45px」間隔にタテに並べます。 Step02オブジェクトを回転して角度を変える 上図のようにオブジェクトを一つずつ角度を変えます。すべてのオブジェクトの角度を変えたら「整列パネル」で、オブジェクトの右端を揃えます。 Step03 ブレンドツールでオブジェクトを増やす 「ブレンドツール」をダブルクリックしてブレンドオプションを設定します。オブジェクトの一番上から一つずつクリックしてブレンドを作成します。 綺麗にブレンドができたら、「リフレクトツール」で右側にコピーします。これで先端がとがったヤシのような葉っぱができました。 ※ブレンド作成で上図のような形にならない時は、クリックする位置がずれている場合があります。その時はブレンドをやり直して下さい。 イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方 Step04 ブレンドを拡張し先端にオブジェクトを配置する オブジェクトを選択し[オブジェクト→ブレンド→拡張]でオブジェクトを拡張します。 Step01で作成した一番小さいオブジェクトと同じものを作り、拡張したオブジェクトの一番上に配置します。配置したらすべてのオブジェクトをグループ化(Ctrl+G)します。 Step05 ブレンドツールでモールを作る グループ化したオブジェクトを「400px」下にコピーします。 上図のブレンドオブションを設定をしたら、[オブジェクト→ブレンド→ブレンド作成]をします。これでモール状のオブジェクトができました。 ※この工程のブレントは「メニュー」から作成してください。 Step06 モールのオブジェクトをアートブラシに登録する モール状のオブジェクトをアートブラシとして登録します。 ※オプションの彩色を「色相のシフト」にしておくと色を変えることができます。 Step07 正円にブラシを適用しリースを作る…

イラストレーターで柊(ひいらぎ)のイラストを描く方法

イラストレーターで作る柊のイラストのご紹介です。 クリスマスの素材に使える柊のイラストを描きます。ちょっと難しく感じる柊の葉のトゲトゲは、パンク効果で簡単に作る事ができます。あとは少しだけ、形を整えたりグラデーションを設定すれば、短時間できれいな柊のイラストが出来上がります。 Step01 アンカーポイントを追加した楕円を葉の形にする 「楕円ツール」で縦長の楕円を作り[オブジェクト→パス→アンカーポイントの追加]でアンカーポイントを増やします。 Shift+Cで楕円の下のアンカーポイントを尖らせ、下に延ばして葉っぱの形にします。 Step02 パンク効果で葉をトゲトゲにする [効果→パスの変形→パンク・膨張]で葉をトゲトゲに変形します。 Step03 トゲトゲの形を整えて柊の葉らしくする アピアランスを分割後、「ダイレクト選択ツール」などでアンカーポイントの位置を整えます。 Step04 ペンツールで葉脈を描く 上図のように「ペンツール」で葉脈を左側だけに描きます。「線幅ツール」で線の太さを変え強弱をつけます。 (関連記事:オブジェクトやイラストの線幅を部分的に自由に変更する方法(イラストレーターCS5)) Step05 リフレクトツールで葉脈を右側にコピーする 「リフレクトツール」で葉脈を右側にコピーし、パスのアウトライン化をします。すべての葉脈を選択し[パスファインダー→合体]で葉脈を一つにします。 イラストレーターのリフレクトツール(反転)の使い方 Step06 柊の葉にグラデーションを設定する 円形グラデーションを設定したら、グラデーションガイドで位置を調整します。 Shift+Ctrl+Gでグラデーションガイドが表示されます。 Step07 葉脈にグラデーションを設定する 線形グラデーションを設定し、グラデーションガイドで位置を調整します。 Step08 柊の葉をコピーする まずは柊の葉をグループ化します。「回転ツール」を選択し、回転させる軸の位置でAlt+クリックしダイアログを開きます。角度を入力したらコピーをクリックします。…

イラストレーターで作るクリスマスオーナメントのイラスト

イラストレーターでクリスマスオーナメントのイラストを描きます。 今回はイラストレーターの3Dを使って、立体的なクリスマスのオーナメントを作ります。3Dを使うとなると難しそうなイメージがありますが、以前ご紹介した「3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)」と同じようにように作れるので、比較的作りやすいと思います。 基本の形をマスターすると、応用として様々な形や模様を作る事ができますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 Step01 半円を作成する [塗り:なし・線:dc0004]に設定し、楕円ツールで[200px]の正円を作成します。左側のアンカーポイントを削除(Ctrl+X)して、右側を残した半円を作ります。 (参考記事:3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)) Step02 3Dで球体を作る 半円を選択し[効果→3D→回転体]で、3D回転体オプションを開きます。プレビューにチェックを入れ、様子を見ながら各設定をします。 3Dで球体を作る事ができました。これがオーナメントの土台になります。 Step03 オーナメントの模様を作る まずはタテのストライプを作ります。長方形ツールで[20px×350px]の長方形を作り、長方形の間隔を[40px]して6本並べます。 Step04 タテのストライプを斜めのストライプに変形する 長方形の下のアンカーポイントを選択します。移動(Shift+Ctrl+M)ダイアログを表示して、[水平方向:-200px]に設定し、斜めのストライプに変形します。 Step05 斜めのストライプをシンボルパネルに登録する 斜めのストライプをすべて選択し、シンボルパネルにドラッグして登録します。これでオーナメントに模様を加えることができます。 Step06 オーナメントに模様を入れる アピアランスパネルの「3D回転体」をクリックして、もう一度3D回転体オプションを開きます。プレビューにチェックを入れ、マッピングをクリックして、アートをマップを表示します。 [シンボル:斜めのストライプ]に設定します。プレビューを見ながら、模様の位置・大きさを調整してオーナメントに模様を加えます。 オーナメントの土台に、ねじれたストライプ模様が入りました。 Step07 ストライプにグラデーションを設定する オーナメントを選択し、アピアランスを分割します。ストライプの部分だけを選択したら、ゴールドのグラデーションを設定します。 Step08 オーナメントのキャップを作る…

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法

をご紹介します。 輪のオブジェクトを交差させ、鎖のように繋がっているように見せます。今回はシンプルな正円の輪で作りますが、この方法を覚えておくと、応用としてチェーンや五輪の輪など色々なイラスト・素材を作ることができます。 Step01 塗りなしの正円で輪のオブジェクトを作る 「楕円形ツール」で塗りなしの正円を作ります。([線幅:20pt]に設定しました) [オブジェクト→パス→パスのアウトライン]でアウトライン化をします。これで、ドーナツのような輪のオブジェクトができました。 (参考記事:複合パスとは?(Illustrator)) Step02 輪のオブジェクトを重ね分割する 輪のオブジェクトをコピーし、分かりやすいように色を変えます。2つの輪を交差するように重ねたら、[パスファインダー→分割]をします。 (参考記事:イラストレーターのパスファインダーを今日から使いこなそう) Step03 交差する部分の色を変える オブジェクトが交差している部分を「ダイレクト選択ツール」で選択します。「スポイトツール」で、もう一つの輪のオブジェクトをクリックして、同じ色に変更します。 完成 輪のオブジェクトを交差することができました。 交差させるオブジェクトを増やすと、チェーンや五輪マークなどが作れますし、知恵の輪のようなイラストも作る事ができます。また背景の模様として、輪が交差した不思議な雰囲気のパターンを作る事もできます。 形や色を変えてみるとなかなか面白いものが作れます。練習を兼ねて色々とチャレンジしてみてください。 この記事を見た方は他にこんな記事も見ています